ブイフェンド200mg

写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

ブイフェンド200mgの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
ボリコナゾール 
製薬会社
ファイザー 
内容量
10錠
評価点数
評価4 (3.5点) 口コミ件数1
販売価格 ¥44,980
在庫がありません

ブイフェンド200mgは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
商品概要
ブイフェンド200mgとは、カビの種類によって引き起こされる重度の真菌症に処方されています。
主成分はボリコナゾールが真菌(カビの一種)の細胞膜成分の生合成を阻害することにより、体内の真菌感染症に効果を示します。
通常、重度・難治性の真菌感染症(アスペルギルス症、カンジダ症、クリプトコッカス症など)の治療に用いられます。

ブイフェンド200mgの効果効能

ブイフェンド200mgはボリコナゾールとも呼ばれ、カビ又は真菌と呼ばれる物を殺菌する効果効能を持った薬です。
医学では、一般的にカビの事を真菌と呼ぶことがあり、その真菌についての作用が期待できるものとなると、ブイフェンド200mgと呼ばれるものになります。
消化器官での吸収率が良く、カンジダや、呼吸器真菌症の治療等にも用いられる事があり、重い内臓真菌症の治療でも使われています。
特徴は、広い抗菌スペクトルを持ったアゾール系の抗真菌薬という所で、注射等と同じレベルの血中濃度を得る事ができる薬として作用するのです。
カンジダに効果のある薬の中でも、比較的効果の高いものと言われており、低真菌薬としての効果はかなり期待ができます。

ブイフェンド200mgの使用方法

カンジダや呼吸器真菌症の治療に用いる時、正しい使用方法での利用をする事が大切です。
使用をする際には、食事と食事の間に飲む事が通常で、食後に服用すると消化器官での吸収率が下がってしまうので、注意が必要です。
尚、必要な検査を受け、副作用を確認し、肝臓や腎臓、血液の検査等が重要となるので、そうした過程を通した上で利用するのが良い薬です。
心電図検査を行ってから使用する事になる場合もあります。
成人の場合には初日に1日300mgを1日2回服用し、2回目以降からは1回150mgか200mgを1日2回食間での服用をして使用します。
症状によって薬の服用量は変化する事が通常で、医師の指示を守って使用をするのが良いです。

ブイフェンド200mgの副作用

成分のボリコナゾールは真菌を殺菌するのに効果的なものです。
カビの仲間のことを真菌といい、体力が落ちている人はこの真菌が体内で異常繁殖してしまうことがあるのです。
消化器官や呼吸器官がそうなりやすく、髄膜炎などの重い症状になってしまうこともあります。
副作用としては視覚の異常が起こることがあり、目がまぶしく感じたり、ぼやけたりします。
その他では食欲不振、吐き気、嘔吐、頭痛や不眠を感じる人もいます。
何かの症状を感じた場合は早めに医師に相談をするのが良いです。
重い副作用では肝障害があります。

ブイフェンド200mgの注意事項

注意事項としては、他の薬との飲み合わせによる副作用や、アレルギー等に気を付けることです。
妊娠中の人は使用禁止となっており、重い肝臓病、不整脈がある人は服用に注意が必要なので必ず医師に持病があることを伝えてください。
ブイフェンド200mgはセイヨウオトギリソウが入っている健康食品との併用は注意とされておりますので、十分に気を付ける必要があります。
その他注意事項として他に気になることや、詳しい副作用については担当の医師に確認するなどして、万が一服用中に違和感を感じたらすぐに診察を受けることが必要です。

患者様の口コミや体験談

ブイフェンド200mg
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:10錠
  •  平均評価:評価3.5
投稿件数:1件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 1件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55

    つい安いのでまた買います

    ジェネリックは安いけどブイフェンドはファイザー製なのでこちらを選びました。
    ボリコナゾールはトリコモナスの症状を和らげてくれますよ!

口コミ体験談を全て見る
全国郵便局留め対応、送料・手数料無料、処方箋不要、安心梱包
特集一覧
本日の為替レート113.35円(1US$)