ヘルペス・帯状疱疹・水痘に

バルトレックス1000mg

  • バルトレックス1000mgの箱正面
  • バルトレックス1000mgの箱とシート
  • バルトレックス1000mgのシート正面
  • バルトレックス1000mgのシート裏面
  • バルトレックス1000mgの錠剤
バルトレックス1000mgの箱正面サムネイル画像 バルトレックス1000mgの箱とシートサムネイル画像 バルトレックス1000mgのシート正面サムネイル画像 バルトレックス1000mgのシート裏面サムネイル画像 バルトレックス1000mgの錠剤サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

バルトレックス1000mgの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
バラシクロビル 
製薬会社
グラクソスミスクライン 
内容量
21錠
評価点数
評価5 (4.5点) 口コミ件数20
販売価格 ¥10,980
割引を実施中!
価格をチェック
数量: カートに入れる
バルトレックス1000mgのジェネリック医薬品一覧
バルクロビル500mg 最大55%OFF ¥2,980~
バルクロビル1000mg 最大40%OFF ¥4,650~
バルシビル500mg 売切れ ¥5,980~
バルシビル1000mg 売切れ ¥9,980~
×
商品概要

バルトレックス(一般名:バラシクロビル塩酸塩)は、ヘルペスウイルスが原因となる単純疱疹やヘルペス、帯状疱疹などの治療薬として使用される抗ウイルス薬です。
同じような効果を持つ内服の抗ウイルス薬としては、ゾビラックス(一般名:アシクロビル)もありますが、帯状疱疹やヘルペスに対する処方は圧倒的にバルトレックスの方が多いというのが現状です。

バルトレックス1000mgまとめ買い割引
  1. 通常価格販売価格
  2. バルトレックス1000mg / 単品
     ¥10,980 
    カートへ
  3. バルトレックス1000mg / 2個セット
    ¥21,960¥16,47025%OFF
    カートへ
  4. バルトレックス1000mg / 3個セット
    ¥32,940¥21,41135%OFF
    カートへ

症状と原因

バルトレックスが日本の厚生労働省より承認を受けている効果効能は、単純疱疹・造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制・帯状疱疹・水痘・性器ヘルペスの再発抑制とされています。
つまりはヘルペスウイルスによって引き起こされる各種疾患や予防に効果があるということです。

ヘルペスウイルスといっても、たくさんの種類があり、感染するウイルスによって引き起こされる疾患が異なります。そのうちバルトレックスが適応となるものは以下の通りです。
・単純ヘルペスウイルス1型:口唇・性器ヘルペス、脳炎など
・単純ヘルペスウイルス2型:性器ヘルペス、新生児ヘルペスなど
・水痘・帯状疱疹ウイルス:水痘、帯状疱疹、髄膜炎、脳炎など

これらのヘルペスウイルスは特殊なウイルスではなく、一般的な生活で感染するウイルスです。単純ヘルペスウイルスであれば、日本人は70%~80%感染しているといわれています。

効果・効能

バルトレックス1000mgは、抗ウイルス薬です。
勘違いしやすい医薬品として細菌感染などに使用される抗生物質がありますが、根本的な作用が違います。抗生物質の多くは、細菌の細胞膜や細胞壁に作用してそれらを破壊したり、それらが新たに作られることを抑制し、細菌の増殖を抑制、死滅させる効果があります。一方ウイルスの場合、ウイルスが増殖するためにはDNA(またはRNA)を複製して増殖しますが、増殖するためにはDNAポリメラーゼと呼ばれる酵素が必要となります。
抗ウイルス薬と分類される医薬品はDNAポリメラーゼの働きを阻害することで、それ以上ウイルスが増殖することを防ぎ、最終的に消滅させる効果があります。

バルトレックス1000mgに含まれているバラシクロビル塩酸塩がもつ作用機序はDNAポリメラーゼ阻害ですが、バラシクロビル塩酸塩が直接この効果を持っているわけではありません。バラシクロビルは、アシクロビルに必須アミノ酸であるバリンを結合させたものです。バリンを結合させることによって腸からの吸収率を高めることになり、吸収されたあとアシクロビルとなり効果を発揮します。
このように体内に吸収された化学構造が変化して効果を発揮する薬のことを、プロドラッグと呼んでいます。

副作用

バルトレックスでは、副作用に関して下記のような試験が行われています。
単純疱疹を対象とした臨床試験では、397例中64例(16.1%)で副作用が報告されており、主に頭痛11例(2.8%)、眠気等の意識低下10例(2.5%)、肝機能検査値の上昇 5 例 (1.3%)が認められています。
造血幹細胞移植患者を対象とした臨床試験では、総症例21例中に副作用はみられませんでした。
帯状疱疹を対象とした臨床試験では、345例中74例(21.4%)に副作用が報告されており、主に肝機能検査値の上昇 20例(5.8%)、BUN上昇、クレアチニン上昇等の腎障害 11例(3.2%)、腹痛 6 例(1.7%)が認められています。
性器ヘルペスの再発抑制を目的とした臨床試験では、1646例中481例(29.2%)に副作用が報告されており、主に頭痛158例(9.6%)、嘔気106例(6.4%)、下痢62例(3.8%)、腹痛43例(2.6%)が認められています。

これらの他にも重篤な副作用として、アナフィラキシーショック、急性腎不全、中毒性皮膚壊死融解症(TEN)や皮膚粘膜症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、間質性肺炎なども報告されています。

使用方法

バルトレックスは年齢・症状によって飲み方が異なります。

成人
ヘルペス(単純疱疹):1日2回、1回半錠を服用してください。
性器ヘルペスの再発抑制:1回1回、1回半錠を服用してください。
帯状疱疹:1日3回、1回1錠を服用してください。
水痘:1日3回、1回1錠を服用してください。

小児
ヘルペス(単純疱疹):体重40kg以上の小児には、1日2回、1回半錠を服用してください。
性器ヘルペスの再発抑制:体重40kg以上の小児には、1日1回、1回半錠を服用してください。
帯状疱疹:体重40kg以上の小児には1日3回、1回1錠を服用してください。
水痘:体重40kg以上の小児には1日3回、1回1錠を服用してください。

それぞれの服用期間としては、ヘルペスは5日間、帯状疱疹は7日間、性器ヘルペスの再発抑制に関しては1年間服用を基本とします。

保管方法

直射日光や高温多湿を避け、子どもの手の届かないところで保管してください。

使用時の注意点

バルトレックス、もしくはゾビラックス(アシクロビル)で過敏症の既往歴がある人は、原則使用禁忌となります。
原因となった疾患にもよりますが、バルトレックスの服用を開始して2~3日経過すると症状が改善しているようにみえてくることがあります。全体的なウイルス量が減ってきているため、そのような改善は認められることも多いですが、そこで服用をやめてしまうとウイルスの増殖が再開してしまうことがあります。
バルトレックスはフィルムコーティングされていますが、これは胃などでの分解を防ぎ、確実に腸に薬を運ぶためです。したがって、噛んだりすりつぶしたりしないでください。
「使用方法」に記載されている日数を服用しても症状が改善しない場合、別の疾患の可能性もありますので、病院を受診してください。

併用禁忌・併用注意薬

バルトレックスには併用禁忌とされている医薬品はありません。
併用注意薬としては、尿中への尿酸の排泄を促進して高尿酸血症を治療するプロベネシド、胃酸分泌を抑えて胃の症状を改善するシメチジンと併用すると、バルトレックスの血中濃度が高まることが知られています。
免疫を抑制するミコフェノール酸モフェチルと併用すると、両方の血中濃度が高まり副作用発症の可能性が高まります。
気管支喘息を治療するテオフィリンと併用すると、テオフィリンの血中濃度が高まり、気管支喘息の悪化、テオフィリンの中毒症状が発症する可能性があります。

臨床試験結果

ヘルペス(単純疱疹)
・国内の臨床試験において、用量設定試験として152例を対象に実施されています。1回500mg、1日2回の投与で、90.%(36/40)に有効性が認められています。
・国内でアシクロビルとバルトレックスを二重盲検下で比較した臨床試験が、300例を対象に実施されています。有効率は95.9%(141/147)と報告されています。
帯状疱疹
・国内で疱疹出現後72時間以内の成人帯状疱疹患者を対象としたバルトレックスの用量設定試験(202例)及びアシクロビルとの二重盲検下臨床試験(202例)における有効率は
89.1%(49/55)、87.3%(89/102)と報告されています。
ヘルペス・帯状疱疹のどちらにおいても、きわめて高い有効率が示されています。

同じ症状に効果のある「他の医薬品」との違い

同じ症状に効果のある医薬品としては、ゾビラックス(一般名:アシクロビル)があります。バルトレックスも結果として効果を発揮する成分はアシクロビルですが、バイオアベイラビリティー(生物学的利用率)に大きな差があります。

ゾビラックスでは10%~20%程度しかありませんが、バルトレックスは54.2%もあります。したがって、臨床試験の結果でも示されていますが、バルトレックスの方が効果が高いということができます。
バルトレックスにも、ゾビラックスよりも劣る点があります。それは錠剤が大きいということです。バルトレックスの長径は18.5mmに対してゾビラックスは8.6mm~11.0mmであり、バルトレックスはおおよそ2倍の大きさがあります。したがって、ゾビラックスよりも飲みにくいです。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
バルトレックス1000mg
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:21錠
  •  平均評価:評価4.5
投稿件数:20件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価:評価55
    バルトレックス1000mg-死ぬほど痛い

    死ぬほど痛い

    初めて帯状疱疹になりました。いや~痛いってもんじゃないですね。死ぬかと思いました。しかも夜も激痛が続くので寝れない寝れない。本当に死んだ方がましかもという思いをしました。そんな状態を救ってくれたのがこのバルトレックスです。服用1週間で綺麗さっぱりよくなりました。

  • 評価:評価55
    バルトレックス1000mg-旦那に教えてもらった

    旦那に教えてもらった

    何度も帯状疱疹になっている私に旦那が「自分で薬を買ったら」と言ってきました。旦那にサイトをみせられた私はビックリ!なんと処方薬が販売されているではありませんか!すぐに帯状疱疹に効果のあるバルトレックスを購入しました。次に帯状疱疹になった時のために財布に忍ばせておくつもりです。

  • 評価:評価55
    バルトレックス1000mg-気長に待たなくてよかった

    気長に待たなくてよかった

    帯状疱疹になると、服が擦れて痛いのです(T . T)しかもその痛み、皮膚だけじゃなくて神経痛もあるという…とても耐えられないので薬を探し求めてここを見つけました。すごく楽になって、自然に治るのを気長に待たなくてよかったと思いましたw

  • 評価:評価55
    バルトレックス1000mg-よく効いたので

    よく効いたので

    前に病院でもらったことがあって、ヘルペスの痛みとバラシクロビルの効果を実感したので再発した時のために購入。痛くなったらすぐ飲みたいし!

  • 評価:評価55
    バルトレックス1000mg-あの痛みは神経痛だったのね

    あの痛みは神経痛だったのね

    ヘルペスの痛みってあのブツブツの部分だけじゃ絶対にないだろって思ってたけど、調べたら神経痛のようです。表面だけじゃなかったのね…。それを知ってからは更にヘルペスを恐れるようになったので、バルトレックスに頼らせてもらうことにしますorz

口コミ体験談を全て見る
全国郵便局留め対応、送料・手数料無料、処方箋不要、安心梱包
特集一覧
本日の為替レート113.34円(1US$)