シロファスト4mg

  • シロファスト4mgの箱正面
  • シロファスト4mgの箱とシート
  • シロファスト4mgのシート正面
  • シロファスト4mgのシート裏
  • シロファスト4mgのカプセル
シロファスト4mgの箱正面サムネイル画像 シロファスト4mgの箱とシートサムネイル画像 シロファスト4mgのシート正面サムネイル画像 シロファスト4mgのシート裏サムネイル画像 シロファスト4mgのカプセルサムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

シロファスト4mgの概要説明

医薬品分類
ユリーフのジェネリック
成分
シロドシン 
製薬会社
シプラ 
内容量
15カプセル
販売価格 ¥2,480
割引を実施中!
価格をチェック
数量: カートに入れる
商品概要
シロファスト4mgはインドの製薬会社シプラ社より製造販売が行われています。
主に前立腺肥大症に伴う排尿困難、残尿感、頻尿などの排尿障害に対して治療効果を示す医薬品です。
シロファスト4mgは同じく前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬「ユリーフ」のジェネリック医薬品として同じ成分(シロドシン)で製造されており、同等の効果効能が期待できます。

排尿障害には尿が出にくい、残尿感がある、尿漏れがあるなどの症状があり、特に中高年以降に多く、60歳以上になると約80%の人にあらわれると報告されています。
男性の場合、年齢を重ねると前立腺が肥大していき尿道を圧迫し尿が出にくいなどの排尿障害を引き起こします。前立腺肥大症は40代から症状が増え始め、80歳近くなると約80%の人が前立腺肥大症であると報告されています。
排尿に関する問題は命に関わることではないですが、生活の質の低下を招きかねないので早急に治療をしましょう。
シロファスト4mgまとめ買い割引
  1. 通常価格販売価格
  2. シロファスト4mg / 単品
     ¥2,480 
    カートへ
  3. シロファスト4mg / 2個セット
    ¥4,960¥3,72025%OFF
    カートへ
  4. シロファスト4mg / 3個セット 売れ筋
    ¥7,440¥4,83635%OFF
    カートへ

シロファスト4mgの効果効能

シロファスト4mgはα1遮断薬としてα1A受容体に働きかけ、前立腺肥大症に伴う排尿障害を治療します。
改善される排尿障害の具体的な症状としては、尿が出始めるまでに時間がかかる、排尿の時間が長い、尿が出し切れずに残尿感があるなどが挙げられます。

シロファスト4mgの有効成分であるシロドシンはα1受容体遮断薬に分類される薬剤として、α1A受容体に選択性が高く、α1A受容体を介する交感神経系を遮断することにより、尿道の内圧上昇を抑え排尿障害を改善することが可能です。

α1受容体にはα1A受容体、α1B受容体、α1D受容体の3タイプがあり、それぞれ多く存在する部位が異なります。
α1B受容体は血管平滑筋、α1D受容体は膀胱に多く存在していますが、シロファスト4mgはその中でも前立腺に多く存在するα1A受容体に対して選択的に働きかけることにより尿がスムーズに排出されるようになります。

尿の出にくさや排尿時の痛み、尿漏れなどの排尿障害の症状を感じている方はI-PSS(国際前立腺スコア)と呼ばれる自宅でも簡単にできるアンケート方式の検査方法があります。
気になる症状を感じている方はまずI-PSSで自己診断してみましょう。

シロファスト4mgの使用方法

朝食と夕食後にそれぞれ1回4mgを服用してください。必ず服用量を守り使用してください。
飲み忘れなどに気づいた場合には服用せず、次の服用時に決められた用量を使用してください。
一度に2回分など過剰投与してしまうことで、血圧が急激に下がったり強い副作用が現れる場合がありますので行わないでください。

服用後にめまいや立ちくらみなどの症状が出る可能性があるので、服用時は高所での作業や自動車の運転などの危険が伴う作業を行う際は、服用に関して十分に注意するようにしてください。

保管方法としては、小児の手の届かないところに保管してください。また直射日光や高温は避け、室温で保管するようにしてください。

シロファスト4mgの副作用

シロファスト4mg使用後にめまいや立ちくらみといった症状が副作用としてあらわれる場合があります。その他軽度の症状としては、頭痛や鼻づまり、吐き気などの症状が確認されています。
特徴的な副作用として挙げられるのが、射精障害です。具体的な症状として、精液量が少なくなる、勢いが悪くなるなどの症状があり、発症頻度としてはおよそ5人に1人の割合で発症しますが、薬の服用をやめれば治ります。

重い副作用としては、過度の血圧低下による強い立ちくらみ、嘔吐、気を失う、また肝臓の重い症状として発熱や発疹、食欲不振などが挙げられます。

このような重い副作用はめったに見られないですが、気になる初期症状や強い副作用を感じた場合は、服用を中止して医師に診てもらいましょう。

シロファスト4mgの注意事項

シロファスト4mgに含まれている成分に過敏症の既往歴のある方は服用しないでください。

起立性低血圧の方はシロファスト4mgの使用により症状が悪化する危険性があります。
持ち病や併用する薬がある場合には使用前に必ず医師や薬剤師に相談し指導を受けて服用を開始してください。
水虫の治療に用いられる抗真菌薬(イトラコナゾールなどアゾール系真菌薬)を使用されている方は、シロドシンの血漿中濃度を上昇させるおそれがあるので、併用には注意しましょう。
シロファスト4mgはα遮断作用があるため、ED治療薬(バイアグラ:シルデナフィル、レビトラ:バルデナフィル、シアリス:タダラフィルなど)と併用すると血管拡張作用による降圧作用が強まり低血圧を引き起こすおそれがあります。
降圧剤を服用している方は起立時の血圧調節力が低下している可能性があり、シロファスト4mgとの併用で起立性低血圧を引き起こす可能性があります。その場合は減量するなどで対処してください。

患者様の口コミや体験談

口コミがまだありません

全国郵便局留め対応、送料・手数料無料、処方箋不要、安心梱包
カテゴリを選択
特集一覧
本日の為替レート113.34円(1US$)