ウリマックス0.4mg

  • ウリマックス0.4mgの箱正面
  • ウリマックス0.4mgの箱とボトル
  • ウリマックス0.4mgのボトル正面
  • ウリマックス0.4mgのカプセル
ウリマックス0.4mgの箱正面サムネイル画像 ウリマックス0.4mgの箱とボトルサムネイル画像 ウリマックス0.4mgのボトル正面サムネイル画像 ウリマックス0.4mgのカプセルサムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

ウリマックス0.4mgの概要説明

医薬品分類
ハルナールのジェネリック
成分
タムスロシン 
製薬会社
シプラ 
内容量
30錠
評価点数
評価4 (3.5点) 口コミ件数1
販売価格 ¥3,480
在庫がありません

ウリマックス0.4mgは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
商品概要
ウリマックスは前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬「ハルナール」のジェネリック医薬品であり、前立腺肥大症に伴う排尿障害、頻尿、残尿感などに効果があります。
様々なジェネリック医薬品を取り扱う世界的にも有名な製薬会社であるインドのシプラ社より製造・販売されています。

ウリマックスは先発医薬品であるハルナールと同じタムスロシン塩酸塩という成分で構成されているため、同等の効果を得ることができます。
この先発医薬品ハルナールは前立腺肥大症による排尿障害に対して、従来の治療法とは別の視点で症状を改善するという概念を持っていました。

自分が前立腺肥大症かを確認する方法として国際前立腺症状スコア(I-PSS)という指標を用いて、前立腺肥大症の症状の程度をアンケート形式で答え点数化して判断する検査方法があります。
国際前立腺症状スコアで「0〜7」は軽症、「8〜19」は中等症、「20以上」が重傷と考えられています。排尿時に気になる症状のある方は国際前立腺症状スコアで自分の症状の程度を把握し、重症となる前にウリマックスを使用して早期治療を開始してください。

ウリマックス0.4mgの効果効能

ウリマックスはα1受容体に働きかけ、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療に使用されています。
α1受容体とは排尿や畜尿をコントロールする自律神経からの命令を受ける部分であり、前立腺や尿道の筋肉に多くあります。ウリマックスを服用することによって、α1受容体の働きを抑制することができ、自律神経の過剰な命令によって緊張している前立腺や尿道の筋肉をリラックスさせることができるため、排尿がスムーズに行われるようになります。

前立腺は男性特有の器官で、尿道の周りを覆うようにして存在し精液を作る機能があります。
前立腺肥大症は中年以降の男性によくあらわれる症状です。前立腺の肥大化には男性ホルモンが関係していると考えられており、年齢を重ねることで男性ホルモンなどのホルモン環境が変化することで、前立腺が徐々に大きくなり尿道を圧迫し、過剰に圧迫されることにより尿道が狭くなり尿が出にくくなります。

ウリマックス0.4mgの使用方法

タムスロシンは日本では0.2mgを1日1回服用するのが一般的な使用方法になっていますが、欧米では0.4mgを1日1回服用するのが一般的となっています。

必ず決められた用法用量で服用してください。万が一飲み忘れに気付いた場合でも、2回分を一度に服用しないでください。
年齢や症状により適宜増減する場合があります。
服用後に強い立ちくらみやめまいなどの症状があらわれたら、しばらく横になり休んでください。その場合、その後の使用に関しては医師の方と相談するようにしてください。

ウリマックス0.4mgの副作用

主な副作用としては、めまいや立ちくらみ、嘔吐などの症状が報告されています。
飲み始めの頃は特にめまいや立ちくらみを感じやすいですが、時間経過とともに症状も収まることが多いです。

重大な副作用としては血圧の低下に伴う失神や意識消失、また肝機能障害を引き起こしたり、血中のビリルビンという色素が増加することにより、皮膚や粘膜が黄色に染まってしまう「黄疸」になる可能性もあります。
このような症状が確認できた場合は薬の服用を一時中断して、医師に相談して適切な処置をしましょう。

従来の前立腺肥大症治療法として外科手術による前立腺の切除や抗男性ホルモン治療で前立腺を縮小させる方法がありました。
これらの治療法では排尿障害が克服されなかったり、抗男性ホルモン治療に関しては性機能低下などの副作用が見られるなどの問題点もあったのですが、ウリマックスは比較的副作用が少なめであるため、安全な治療薬として知られています。

ウリマックス0.4mgの注意事項

ウリマックスを使用する上で下記のような注意事項があります。

本剤の成分に対して既往歴がある方は使用できません。
起立性低血圧のある方は、ウリマックスのα1受容体遮断作用によって症状が悪化する恐れがあります。
重篤な腎機能障害・肝機能障害がある方は、血漿中濃度が上昇する恐れがあります。
ウリマックスの飲み始めはめまいや立ちくらみを起こしやすいため、自動車の運転や高所、機械など危険な作業を行う場合には十分注意してください。
過剰摂取することにより血圧低下の可能性があるので、決められた使用方法と服用量を守り使用してください。

また、併用が禁忌とされている医薬品はありませんが、下記の医薬品との併用には注意が必要になります。

・降圧剤
降圧剤を服用中の方は起立時の血圧調節力が低下している場合があるので、起立性低血圧を引き起こす可能性があります。
・ホスホジエステラーゼ5阻害作用のある医薬品
併用することにより、血管拡張作用による降圧作用が強まる場合があるので、症候性低血圧を引き起こす可能性があります。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
ウリマックス0.4mg
  •  医薬品分類:ハルナールのジェネリック
  •  内容量:30錠
  •  平均評価:評価3.5
投稿件数:1件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 1件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55

    効果が実感できます

    頻尿で悩んでいましたが、この薬を服薬してから、かなり改善されました。これほどまで効果が実感できるとは思いませんでした。

口コミ体験談を全て見る
全国郵便局留め対応、送料・手数料無料、処方箋不要、安心梱包
カテゴリを選択
特集一覧
本日の為替レート113.35円(1US$)