緊急避妊に

エラ30mg

  • エラ30mgの箱正面
  • エラ30mgの箱とシート
  • エラ30mgのシート正面
  • エラ30mgのシート裏
  • エラ30mgの錠剤
エラ30mgの箱正面サムネイル画像 エラ30mgの箱とシートサムネイル画像 エラ30mgのシート正面サムネイル画像 エラ30mgのシート裏サムネイル画像 エラ30mgの錠剤サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

エラ30mgの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
ウリプリスタル酢酸エステル 
製薬会社
アブディイブラヒム 
内容量
1錠
評価点数
評価4 (4.1点) 口コミ件数4
販売価格 ¥4,260
在庫がありません

エラ30mgは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
商品概要

エラは抗黄体ホルモン「ウリプリスタル酢酸エステル」を有効成分とする緊急避妊薬です。
性交から5日以内(120時間以内)に服用する事で十分な避妊効果を得ることが出来ます。

クリニックなどでの処方では、より多くの費用が必要になってきます。
エラはそれよりも安く購入することができますし、性行為からの猶予期間が長く、避妊効果も非常に高いので安心して服用することができます。

また一般的な避妊薬よりも副作用のでる頻度が少ないため、副作用が不安な方にもおすすめです。
避妊に失敗してしまった方や、望まない妊娠を避けたい方、いざという時の備えとしてアフターピルを用意しておきたい方はエラを購入してみましょう。

商品のお届けまでに平均7日程かかります。そのため緊急時ではなく事前に注文しておくことをおすすめします。

症状と原因

エラは思いがけず起こってしまった「避妊の失敗」に、性行為のあとに気づいた場合でも避妊効果を発揮することができます。

日本で一番主流な避妊方法はコンドームの使用で男性主体の避妊方法ですが、女性が自ら安心して望まない妊娠を防ぐのであればコンドームだけでは難しく、ピルの服用が必要不可欠です。

また、コンドームを使用したにも関わらず、破れたり外れたりすることで避妊に失敗してしまうことなどもあります。
そんな、思いがけない避妊の失敗に備え、性行為後5日間経っていても効果のあるエラを常備しておくことをおすすめします。

効果・効能

エラは、エラワンと同じ「ウリプリスタル酢酸エステル」を有効成分として使用しています。
エラの有効成分「ウリプリスタル酢酸エステル」は、妊娠の成立、継続に必要な黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きを阻害します。
黄体ホルモンの働きをウリプリスタル酢酸エステルが阻害することで、妊娠に必要な以下の要因を防ぎます。

・排卵
・子宮内膜の厚みが増す
・体温の上昇

妊娠に適さない環境を作り出すことで望まない妊娠を避けることが出来ます。

臨床試験では避妊具なしの性交を行った被験者の妊娠率を2.1%に抑える事が出来たという結果が出ています。
避妊が成功した時にはまとまった出血が見られます。
エラの服用から3日~21日で出血が見られることが多いので、21日を過ぎてからも出血が見られない場合には産婦人科を受診し適切な対応を行ってもらいましょう。

副作用

エラには比較的副作用が少ない緊急避妊薬ですが、頭痛(1.8%)、眩暈(1.4%)などの副作用が報告されています。

以下の副作用も報告されているのでエラを服用する前に確認しておきましょう。
もし副作用が表れた時には医師に相談しましょう。

【感染系副作用】
膣炎、咽頭炎、鼻炎、インフルエンザ、尿路感染症、感染性結膜炎、骨盤内炎症性疾患

【栄養、代謝系副作用】
食欲不振、脱水

【精神疾患系副作用】
気分が優れない、感情の起伏が激しくなる、不安、不眠、多動性障害、性欲減退

【神経系副作用】
頭痛、眩暈、偏頭痛、注意力欠如、味覚障害、睡眠の質低下、失神

【眼系副作用】
視力障碍、眼球周囲の高血圧、光恐怖症

【呼吸器系副作用】
上気道鬱血、咳、喉の違和感、鼻血

【胃腸系副作用】
吐き気、腹痛、上腹痛、不快感嘔吐、下腹部の痛み、下痢、口疹、便秘、消化不良、腸の張り、逆流性食道炎、歯痛

【皮膚系副作用】
にきび、皮膚の病変、皮膚のかゆみ、蕁麻疹、性器のかゆみ

【筋骨格系副作用】
背中の痛み、四肢の痛み、関節痛

【腎臓および尿路系副作用】
尿色の分化、腎臓結石、腎臓痛、膀胱痛

【生殖器系および乳房系副作用】
骨盤痛、乳房の張り、過多月経、おりもの、月経障害、過食症、膣内出血、発熱、月経前症候群、生殖器のかゆみ、子宮出血、性交時の痛み、外陰部の痛み、月経時の不快感

【その他の副作用】
疲労感、体の痛み、過敏性、発汗、倦怠感、発熱、不快感、炎症、喉の渇き

使用方法

避妊失敗から5日以内(120時間)に1錠服用して下さい。
避妊失敗から5日以降の服用による避妊効果は確認されていないので、5日以内の猶予にとらわれず出来るだけ早く服用して下さい。

使用時の注意点

エラの服用後3時間以内に嘔吐すると十分な避妊効果を得られない事がある為、再度エラを服用する必要があります。
エラは望まない妊娠を回避する為の緊急避妊薬なので、常用ピルとして服用しないでください。

エラ服用後の性行為に対する避妊効果は確認されていません。
エラには性感染症に対する予防効果はありません

併用禁忌・併用注意薬

ノルレボ錠やプラノバール錠を始めとするプロゲスチン避妊薬と併用出来ません。
双方の避妊効果が減少する可能性があります。
イトラコナゾール、ケトコナゾール等の抗真菌剤と併用出来ません。
ウリプリスタル酢酸エステルの血中濃度が上昇し副作用が表れる可能性が高くなります。

ビタミンCを過剰摂取すると、重篤な副作用が表れる可能性が高くなると言われています。
ビタミンCサプリメントや、ビタミンCが豊富な食べ物を控えてください。

以下の薬剤とエラを併用すると、十分な避妊効果を得られない可能性があります。
・バルビツール酸製剤
・ボセンタン
・カルバマゼピン
・フェルバメート
・グリセオフルビン
・オクスカルバマセピン
・フェニトイン
・リファンピン
・セント・ジョーンズ・ワート (サプリメントの一種)
・トピラマート

臨床試験結果

避妊具を使わずに性交した女性を対象に臨床試験が実施されています。
1241人の被験者を対象に、避妊なしの性交後48時間から120時間にエラを服用した結果、妊娠が確認された人数は26人でした。(妊娠率2.1%)

エラを正しく服用する事で97.9%の高い確率で避妊を成功させる事が臨床試験によって証明されています。

同じ症状に効果のある「他の医薬品」との違い

エラと従来の緊急避妊薬の大きな違いは、十分な避妊効果を得る為の時間です。

ノルレボ錠やプラノバール錠は、避妊失敗から72時間以内に服用する必要がありました。
エラは避妊失敗から120時間以内に服用しても十分な避妊効果(95%以上)を得られます。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
エラ30mg
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:1錠
  •  平均評価:評価4.1
投稿件数:4件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 4件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55

    持っておくといい

    緊急避妊薬はすぐに飲まないといけないので手元に持っておかないといけません。ヤバいと思ってからポチっても、手元に届くころにはもう手遅れです。手元に置いといても邪魔になるものじゃないので、取りあえず持っておいて損はないと思います。あなたもぜひ!

  • 評価:評価55
    エラ30mg-女性は受け身

    女性は受け身

    女性は男性とは違いどうしても「受け身」ですよね。避妊して欲しいと思っていても行為の最中はなかなか言えないもの…。例え言ったとしても男性はなかなかいうことを聞いてくれません。そんな女性側の自分を守る方法としてあるのが緊急避妊薬です。持ってるだけで安心できます。

  • 評価:評価55
    エラ30mg-見事大成功

    見事大成功

    行きずりの恋。そして一夜限りの関係。。そんな恋ばかりしている私です。当然妊娠したかも…という時もあります。そんな私の常備薬がこちらエラです。ほぼ使いませんが、中にはヤバいかも…という時があり、そんな時に利用してます。この間もヤバい時があって使いましたが見事大成功でした。

  • 評価:評価55
    エラ30mg-大丈夫でした

    大丈夫でした

    旦那がバカだから酔った勢いで中に出しやがった時に使いました。ちょうど排卵日だったのでアウトかな…と思っていたのですが、エラを使い様子をみていたところ見事生理が来てくれました。本当にエラちゃんはいい子です。それに比べて旦那は…再教育が必要ですね。

口コミ体験談を全て見る