早漏で悩む必要はない!正しい治し方で自信を身につけよう

早漏で悩む必要はない!正しい治し方で自信を身につけよう

早漏で悩む必要はない!正しい治し方で自信を身につけようのイメージ画像

もしかして、自分の性行為の時間は早いのではないか。
いつもパートナーを満足させることが出来ていない。

男性のコンプレックスとして有名な「早漏」ですが、正しい治し方を知り実践することで改善することが出来ます。
早漏の改善は、自信に繋がるので治したいと思っている人は、こちらで紹介している治し方を実践してみましょう!

早漏は悪い事ではありません

人間には性格、外見、身体機能など様々な個性があります。
性器にも個性があり、遅漏の人もいれば早漏の人もいます。

一般的に、挿入後30秒から1分間の内に射精を我慢できなくなる人が早漏と言われています。
※一般男性は、7分から8分で射精に至ることが多い

早漏は個性なので責められるべき悪い事ではありません。
しかし、個性とはいえ本人にとってはプレッシャーを与える要因となることがあります。

「自分が早いと、パートナーが満足できないんじゃないか」
「早漏だとバカにされるのではないか」
「彼女にどう思われているんだろうか」

早漏に対し、女性がどのような印象を持っているかと不安になる方も多いと思いますが、女性はあなたが想像しているよりも、早漏に悪い印象を持っていません。
200人の女性を対象に行われたアンケートでは、女性の約7割は遅漏よりも早漏を好むという結果が出ています。
open_in_new参考:恋愛jp

早漏治療を始める前に、「早漏は悪い事ではない、女性も遅漏より早漏が好きだ」という認識をしてみましょう。

覚えておきたい早漏の2つの原因

早漏を改善する前に、知っておかねばならない知識が「早漏の原因」です。
あなたの早漏の原因を理解することで、正しい改善法に繋がります。
【ペニスが敏感で早漏になる】 包茎の人や、生まれつきペニスの感覚が敏感な人は早漏になりやすいです。
自慰行為を短時間で終わらせている方や、亀頭への刺激に慣れていない方に多いです。

【ストレスやプレッシャー】 性行為に対する不安や緊張が早漏の原因になる事があります。
初めての性行為で失敗してしまうと、その後の性行為の不安に繋がり慢性的な早漏になってしまうことがあります。

気になるなら改善すべき!早漏を改善することで得られる3つのメリット

良い医師の画像

「女性が遅漏より早漏が好きだとは言え、自分はあまりに早いと思う」
あなたの中で、早漏がコンプレックスになっているのであれば、早漏を改善させましょう。
早漏は自慰の方法を変えたり医薬品、トレーニングを駆使することで改善させることが出来ます。

早漏を改善することで、以下の3つのメリットを得ることが出来ます。

【性行為を楽しむことが出来る】 早漏を改善することによって、今までは楽しむ前に終わってしまっていた性行為を楽しむことが出来、性交以後のパートナーの満足度にも繋がります。
女性は性行為に愛情表現を求めているので、性行為の時間を伸ばすことにより性交以後の満足度に繋がります。

【パートナーとの関係が上手くいく】 充実した性行為が実現することにより、今まで以上にパートナーとの関係が良好になる可能性があります。
「体の相性が悪い」という理由で別れを決意する人もいるので、関係性を良好に保つためにも早漏は改善した方が良い、改善してもらった方が良いですね。

【自信に繋がる】 早漏を改善することにより、「もう早漏ではない、堂々と性交することが出来る」という自信に繋がります。
自信がついたことにより、女性との付き合い方にも積極性が表れる等の良い変化が期待できるかもしれません。

自慰行為の方法を変えて早漏を治す

早漏は、生まれ持ったペニスの感覚や今までの自慰行為での刺激の慣れ方が原因となる事が多いです。
元々ペニスが敏感な人は、一般の人よりも射精までの時間が短くなります。
皮を使った自慰行為を繰り返してきた人は、皮を使わずに自慰行為をしてきた人と比べ、亀頭に与えてきた刺激量が少ないです。

今までペニスに与えてきた刺激の量が多いか少ないか、つまりペニスが刺激に慣れているかいないかが、早漏か否かを分けています。

ペニスが敏感な人や、仮性包茎の人は亀頭の刺激に慣れよう

亀の画像

生まれつきペニスが敏感な人や、仮性包茎で皮を使った自慰を繰り返してきた人は亀頭の刺激に慣れることで早漏が改善する可能性があります。
皮を使った自慰行為は、皮を使わない自慰行為に比べて亀頭に与えられる刺激が少ないです。

以下の自慰方法を実践することで、亀頭が刺激に慣れる可能性があります。

皮を使わない自慰

包茎の方は、皮を使って自慰行為を行う割合が高いと言われていますが、皮を使って自慰行為をすると、亀頭への刺激が減ってしまいます。
早漏を改善するためには、皮を使わない自慰行為が効果的です。

亀頭だけを刺激する自慰

触ったり、つついたり、擦ったり。
亀頭を刺激する自慰行為を行うことで、普段から亀頭へ刺激を与えることが出来ます。
亀頭への刺激に慣れると、実際の性行為の時間を伸ばすことに繋がります。

包茎ではない人は、時間に余裕を持った自慰をしましょう

時間に追われる男性の画像

包茎ではないけれど、早漏の人は時間に余裕を持った自慰をすることを心がけましょう。
自慰は人に見られたいものでもありませんし、自慰行為に対する後ろめたさから早く済ませようと考える人が多いです。

そのため、のんびりと時間をたっぷり使って自慰を行ってください。
長時間の刺激を陰茎に与えることで、早漏改善に繋がります。

※家で長時間の自慰が行えない人は、個室ビデオ店などを利用すると良いかもしれません。
長時間の自慰をパートナーに見られると、不満があるように感じられる可能性があるので、精神的に落ち着くためにも家以外の場所で行うと良いでしょう。

医薬品を使って早漏を治す

自慰の方法を工夫し、早漏を改善することも出来ますが思ったよりも改善が見られなかった、手っ取り早く改善したいなどという人は、PE治療薬(早漏の治療薬)で治療を行った方が良いかもしれません。

錠剤タイプのPE治療薬と使うといつもの3~4倍の耐久力に

錠剤タイプのPE治療薬(プリリジー、ポゼット等)を服用する事で、興奮を鎮める働きを持つ脳内物質「セロトニン」の濃度を高めます。
セロトニン濃度が高くなることにより、過剰な興奮によって射精が早まってしまうのを防ぐことが出来ます。
射精までの時間が、通常時の3~4倍まで延長することが期待できます。

男性の自信を取り戻し、パートナーも満足する早漏治療薬
購入ページ

スプレータイプのPE治療薬で麻酔のような感覚を

スプレータイプのPE治療薬には、麻酔成分「リドカイン」が含まれていることが多く、ペニスの感覚を麻痺させることで早漏を改善することが出来ます。
性行為の度に使用しなければなりませんが、簡単に早漏を改善出来ます。

満足な性行為をサポートする麻酔スプレー
購入ページ

早漏治療で日常に変化が表れる

自慰方法を変えたり、医薬品を使ったりと早漏治療には様々な方法があります。
早漏が改善すると、あなたの日常に変化が表れます。

性行為の時間が延びることにより、パートナーに多くの愛情を表現することが出来、今まで以上に関係を深めることが出来るかもしれません。
早漏ではなくなったという事実から、自分に自信がつくかもしれません。
早漏は悪い事ではありませんが、改善出来るなら改善したいという人が大多数でしょう。

改善するための方法にこだわる必要はないので、自慰を工夫しても十分な改善が得られない人は医薬品を使いましょう。
少しでも早くあなたに合った早漏の治療法を見つけることが、コンプレックスの解消に繋がります。

全国郵便局留め対応、送料・手数料無料、処方箋不要、安心梱包
特集一覧
本日の為替レート113.40円(1US$)