タミフル30mg

写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

タミフル30mgの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
オセルタミビル 
製薬会社
ロシュ 
内容量
10錠
評価点数
評価4 (3.5点) 口コミ件数1
販売価格 ¥5,480
在庫がありません

タミフル30mgは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
タミフル30mgのジェネリック医薬品一覧
オセフル 最大25%OFF ¥5,980~
エンフルビル 最大25%OFF ¥5,980~
×
商品概要
タミフル30mgとは、主成分をオセルタミビルリン酸塩とした、インフルエンザの治療薬です。
日本では中外製薬が製造輸入販売元であり、A型とB型のインフルエンザに効果がある医薬品です。
しかし、C型のインフルエンザには効果がありません。
このお薬はインフルエンザ発症から48時間以内に服用することで菌の増殖を阻止することができます。

タミフル30mgの効果効能

タミフル30mgは、A型・B型のインフルエンザに効果のある医薬品です。
主成分であるオセルタミビルリン酸塩は、インフルエンザ発症から48時間以内に服用することでインフルエンザウイルスの増殖を抑え、症状を緩和することができます。
しかし、風邪やC型のインフルエンザには効果がありません。

タミフル30mgの使用方法

タミフルの服用は、必ず医師の指示に従い正しく使用してください。
使用方法としては、インフルエンザ発症から48時間以内に1日朝・夜1回1カプセルを3〜5日間服用してください。
10歳以上の未成年が服用する際は、原則として服用することができません。
また、飲み忘れたからといって、1度に2回分の服用をすることはやめてください。

タミフル30mgの副作用

タミフル30mgはインフルエンザの治療薬で、インフルエンザ発症後48時間以内の服用開始で有効とされています。
副作用としては、腹痛、下痢、嘔気、嘔吐、低体温、発疹、ショック、アナフィラキシー、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、神経症状などの報告があります。
これら以外にも様々な副作用があるので、身体に異変を感じましたら服用を中止し、必ず医師の診察を受けてください。

タミフル30mgの注意事項

タミフルは、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果のあるお薬です。
使用には注意することが多々ありますので、必ず使用前に用法用量や副作用などを確認した上で使用してください。
注意事項としては、平成19年にはタミフルを服用したインフルエンザの子供に異常行動が見られる事案があったため、原則10歳以上の未成年の使用は禁止となっています。
また、腎臓が悪い方が服用しますと、お薬の排泄が遅れ副作用が強く出てしまうことがあるので、使用の際は医師に相談してください。

患者様の口コミや体験談

タミフル30mg
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:10錠
  •  平均評価:評価3.5
投稿件数:1件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 1件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55

    病院に行かなくても治せる

    インフルエンザかも・・って時に利用してます。

    早めに飲まなきゃ駄目なようなので常備しておくといざって時にすぐ対応できます。

口コミ体験談を全て見る