リレンザ

  • リレンザの箱正面
  • リレンザの箱と吸引器
  • リレンザのシート正面
  • リレンザの吸引器使用前
  • リレンザの吸引器使用後
リレンザの箱正面サムネイル画像 リレンザの箱と吸引器サムネイル画像 リレンザのシート正面サムネイル画像 リレンザの吸引器使用前サムネイル画像 リレンザの吸引器使用後サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

リレンザの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
ザナミビル 
製薬会社
グラクソスミスクライン 
内容量
20回分
評価点数
評価5 (4.6点) 口コミ件数33
販売価格 ¥5,980
在庫がありません

リレンザは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
商品概要
リレンザとは、成分ザナミビルを含んでおり、インフルエンザに効果効能を示す吸入薬で、1日2回、吸い込むことで効果を発現します。
A型、B型インフルエンザウイルスに効果があり、リレンザを用いることによって、短期間でインフルエンザを改善することができます。
インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用を持つため、48時間以内にリレンザを用いることで有効とされています。
内服薬で言われている異常行動などの副作用が気になる方には吸入薬であるリレンザがお勧めの医薬品です。

リレンザの効果効能

リレンザは医療用成分ザナミビルを含むインフルエンザに効果効能を示す吸入薬です。
インフルエンザウイルスの増殖を抑制する作用を持つため、48時間以内にリレンザを用いることで有効とされています。
吸入薬なので、1日2回、吸い込むことで効果を発現します。
また、内服薬に比べて副作用の発現が少ないことが期待されます。
内服薬で言われている異常行動などの副作用が気になる方には、吸入薬であるリレンザがお勧めです。

リレンザの使用方法

  • 吸引器の準備手順

    動画で準備手順を見る
    1. 吸引器のカバーを外して薬のディスクを乗せるトレーを引き出します。

      トレーの両側にあるクリップをつまみながら本体から取り外します。

    2. トレーにある4つの凹状の穴に、薬ディスクの凸部がはまるように乗せ、本体側にトレーを戻します。(カチッと音がするまで押し込んでください)

    3. 本体を水平に保ってフタを垂直に起こし、元の位置にフタを戻します。

      針が薬のディスクのブリスター部に貫通し、吸引する準備が整いました。

      (ブリスターとは薬剤が入っている膨らんだ部分のことです)

    動画で準備手順を見る

    動画が再生できない場合はAdobe Flash Playerのバージョン情報を確認してください。

    携帯電話・スマートフォンでは再生できない場合がございます。

  • 薬剤の吸引方法

    動画で吸引方法を見る
    1. ディスクの穴から薬がこぼれないよう注意しながら吸引口を口元へ運び、無理のない範囲で息を吐き出してください。

    2. きちんと吸引口を咥えて、速やかに吸い込んでください。

      この時、吸引器の横にある小さな穴(空気孔)は塞がないでください。

    3. 吸引した後は2秒~3秒ほど息を止めてください。

      薬がまだ吸引器に残っている場合は繰り返し数回行います。

    4. 薬のディスクは1枚につき4回の吸引が可能となっています。

      次の吸引を行う時は、トレーを引き出してカチッと鳴るまで戻すと自動的に薬のディスクが回転して未使用の部分が現れます。

    動画で吸引方法を見る

    動画が再生できない場合はAdobe Flash Playerのバージョン情報を確認してください。

    携帯電話・スマートフォンでは再生できない場合がございます。

  • 服用回数(治療と予防)

    リレンザは、インフルエンザの治療だけでなく予防にも効果的であり、気道粘膜にて作用するお薬ですので食前・食後は気にせず服用できます。

    ※どちらも1回の使用につきブリスター2つを吸引します。

    治療用として

    1日2回(ブリスター4つ分)、5日間使用してください。

    1回服用した後は、2時間以上の間隔を空けて次の服用をしてください。

    予防用として

    1日1回(ブリスター2つ分)、同時刻に10日間使用してください。

リレンザの副作用

インフルエンザを発症しないように、日頃から注意をしておくことが大切です。
インフルエンザを治療する際において使用するのが、リレンザが有効となっております。
副作用の症状の程度については個人差がありますので、この事を理解しておくことが重要です。
主な副作用の症状については、口腔咽頭浮腫、発疹、下痢、吐き気や頭痛などの報告があります。
副作用が続く場合には、医師の診察を必ず受けてください。

リレンザの注意事項

インフルエンザを患いますと、仕事などを休まないといけませんので、発症しないように日頃から手洗い、うがいマスクの着用などを心がけましょう。
インフルエンザを患ったのであれば、リレンザを使用して治療をすることが求められます。
インフルエンザを治療する薬については多種多様に存在していますので、注意事項などを確認した上で使用してください。
注意事項としては、5歳未満の幼児は使用できません。
また、持病をお持ちの方は医師に相談してから使用してください。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
リレンザ
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:20回分
  •  平均評価:評価4.6
投稿件数:33件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価:評価55

    常備薬として

    間の悪いときに、発症する事が多いので緊急用に所持しています。過去にもたびたび困ったことが多くあり、手元においておく必要を感じています。

  • 評価:評価55
    リレンザ-インフルエンザ予防と常備薬に

    インフルエンザ予防と常備薬に

    接客業をしているので、流行時期は必須になります。予防として使えるし、いざとなったら症状が出てからも使えるので助かります。薬の期限が短く次のシーズンまで取っておけないのが残念ですが、毎年新しいものを買い常備しています。

  • 評価:評価55

    本当に安心です。

    インフルエンザが学校で流行しても、試合に重ならないかビクビクする必要がなくなりました。
    予防という形でも安心を手に入れる事ができます。

  • 評価:評価55
    リレンザ-常備品

    常備品

    我が家の常備品です。

    イベントに参加したり、通勤通学など人ごみの中にさらされる毎日なので、流行期に入ると予防接種をしていても感染する恐れがあります。
    予防にも使えるし、ひょっとしたら?と思い当たればすぐ使用できるので安心して冬を乗り切れます。

  • 評価:評価55

    予防にリレンザ

    冬はいろんな病気が流行るので予防のためにリレンザを購入しました。病院だと予防には処方してもらいにくいので、毎年ドキドキしながら、冬を過ごしていたのでこちらは本当にありがたいです。3セットを購入しましたが、もっと購入しようかなぁと思っています。

口コミ体験談を全て見る