プレマリン0.625mg

  • プレマリン0.625mgの箱正面
  • プレマリン0.625mgの箱とシート
  • プレマリン0.625mgのシート正面
  • プレマリン0.625mgのシート裏面
  • プレマリン0.625mgの錠剤
プレマリン0.625mgの箱正面サムネイル画像 プレマリン0.625mgの箱とシートサムネイル画像 プレマリン0.625mgのシート正面サムネイル画像 プレマリン0.625mgのシート裏面サムネイル画像 プレマリン0.625mgの錠剤サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

プレマリン0.625mgの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
結合型エストロゲン 
製薬会社
ファイザー 
内容量
28錠
評価点数
評価4 (4.1点) 口コミ件数4
販売価格 ¥3,120
割引を実施中!
価格をチェック
数量: カートに入れる
商品概要
プレマリン0.625mgとはホルモン剤の一つで、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)を補うための薬です。卵胞ホルモンの補充により、卵胞ホルモンが関係する婦人科疾患を治療します。有効成分は結合型エストロゲンです。卵胞ホルモンにはエストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類ありますが、プレマリンには3つの中では中程度の強さであるエストロンが含まれています。
主に更年期障害の治療に使用されます。更年期障害の症状は主に、のぼせ、発汗、ほてり、冷え、頭痛、イライラなど様々です。更年期障害は、女性ホルモンの急速な低下による疾患で、閉経前後に服用することでこれらの症状が改善されます。のぼせや発汗といった血管運動神経症状には、特に効果がみられます。また、長期的に服用を継続することで骨粗鬆症の予防としても効果があります。その他にも、卵巣欠落症状や卵巣機能不全、膣炎などの治療にも用いられます。
プレマリン0.625mgまとめ買い割引
  1. 通常価格販売価格
  2. プレマリン0.625mg / 単品
     ¥3,120 
    カートへ
  3. プレマリン0.625mg / 2個セット
    ¥6,240¥5,11718%OFF
    カートへ
  4. プレマリン0.625mg / 3個セット 売れ筋
    ¥9,360¥7,02025%OFF
    カートへ
  5. プレマリン0.625mg / 5個セット
    ¥15,600¥10,14035%OFF
    カートへ
  6. プレマリン0.625mg / 7個セット
    ¥21,840¥13,10440%OFF
    カートへ

プレマリン0.625mgの効果効能

薬を利用する前にはその薬の特徴や効果をよく理解しておきましょう。女性によく選ばれている薬のひとつに、プレマリン0.625mgがあります。
結合型エストロゲンという成分が含まれており、女性ホルモンを供給するためのホルモン補充剤となっています。
主な効果としては、更年期障害の改善、骨粗鬆症の改善、男性の場合は前立腺がんの治療にも利用されることがあります。
特に更年期障害の改善に役立てられており、更年期障害の症状に起こりやすい、ほてり、のぼせ、気分の落ち込み、イライラ、肩こり、腰痛、不眠などの症状を緩和してくれます。
主成分である結合型エストロゲンを投与することで体内のエストロゲンを補えることが出来ますので急激なホルモンの低下を防ぎ、ホルモン補充療法として活用されています。
そして、この薬は女性ホルモン剤となっていますので、乳がんや子宮がん、子宮筋腫といった女性ホルモンが影響する病気の方の場合は使用することができません。
血液を固まりやすくする特徴があり、子宮内の出血などの改善にも役立てられています。

プレマリン0.625mgの使用方法

卵胞ホルモン(エストロゲン)を補充するための薬であるプレマリン0.625mgは、不妊治療や更年期障害の治療に使われています。
閉経前後に少量用いることで更年期障害による不快な症状(頭痛、目まい、肩こり、腰痛、のぼせ、汗、冷え、動悸、不眠、イライラ等)が改善されます。
発汗やのぼせなどの血管運動神経症状に特に効果があります。他にも泌尿生殖器の萎縮により起こる膣の乾燥や尿失禁などにも効果があります。
正式には適応されていませんが骨量増加、骨折予防効果が世界的に認めらている唯一の女性ホルモン薬となっております。
使用方法は通常成人で1日0.625mg〜1.25mgを服用してください。
また、膣炎や機能性子宮出血等には1日0.625mg〜3.75mgを服用することもできますが症状や年齢によって適宜増減しますので注意してください。

プレマリン0.625mgの副作用

プレマリン0.625mgは、おもに更年期障害の治療に使われます。女性ホルモンの1つである卵胞ホルモンをこの薬で補充することで、卵胞ホルモンが影響する更年期障害などの症状を改善してくれます。
プレマリンは副作用の発症率が高くないと言われていますが副作用の報告として、めまいや手足のしびれ、意識障害が挙げられています。また、極稀に重大な副作用として血栓症も報告されております。
その他に、体重増加がみられることもありますがこれはホルモンの影響により、体内で水分や体液を蓄えようとする力が働き、むくみやすくなるからです。
女性にとって体重はとても気になるひとつとして挙げられますが体重が増加して服用の中止を考える場合はまずは医師に相談するようにしましょう。
他にも気になる副作用が出た場合も必ず医師に相談してください。

プレマリン0.625mgの注意事項

プレマリン0.625mgは卵胞ホルモンを補充することで更年期障害を改善する治療薬です。プレマリン0.625mgの使用においては、副作用も含め注意点が定められており、ここでの内容を十分に理解しておくことが重要になります。
プレマリン0.625mgの注意点としては、禁忌内容として記載が行われています。まず、乳癌や子宮内膜症などのエストロゲン依存性腫瘍や、その疑いがある場合は、腫瘍の悪化や顕性化を促すことがあるために使用できないことになっています。
また、乳癌の既往歴や血栓性静脈炎、肺塞栓症、動脈性の血栓塞栓疾患がある場合や、その既往歴のある場合も同様になります。
他にも、含まれる成分に対して過敏症であること、妊婦又は妊娠している可能性のある場合、重篤な肝障害、診断の確定していない異常出血がみられる場合も使用は禁止されています。
薬の併用に関しては、注意喚起がなされているものとしてイプリフラボンや、グリベンクラミドなどの血糖降下剤があり、十分な注意が必要となります。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
プレマリン0.625mg
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:28錠
  •  平均評価:評価4.1
投稿件数:4件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 4件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55

    40代に購入

    40代に購入して1ヶ月服用させてみました。3週目あたりから明らかに肌ぼ質、胸のハリ、顔の艶が違います。ホルモン剤ですので、身体の調子を見ながら慎重に服用を続けたいと考えています。

  • 評価:評価55

    豊胸するならこれ

    まだ買ってから2ヶ月ほどしか経っていないですけど、胸の張りが凄いです。
    今までエストロモンを使ってきましたけど、豊胸するにはプレマリンが1番オススメです。

  • 評価:評価55

    更年期障害にがひどくて試しに買ってみました。

    このところ年齢を重ねていくにつれて、更年期障害がひどく、ちょっとしたことでイライラしたしてしまい、家族に迷惑をかけてしまうことが多くなってしまって悩んでいました。それでこの薬を購入して定期的に飲むようになってからは以前のような穏やかな生活を過ごせるようになるとても幸せです。

  • 評価:評価55

    冷え、むくみでお悩みの方に

    更年期からくる冷えやむくみが解消され、毎日まるで身体が軽くなったようです。抜け毛や薄毛もこの調子で改善されると良いなと思う今日この頃です。

口コミ体験談を全て見る