プレマリンクリーム0.625mg

プレマリンクリーム0.625mg

  • プレマリンクリーム0.625mgの箱正面
  • プレマリンクリーム0.625mgの箱とチューブ
  • プレマリンクリーム0.625mgのチューブ正面
  • プレマリンクリーム0.625mgのチューブ裏面
プレマリンクリーム0.625mgの箱正面サムネイル画像 プレマリンクリーム0.625mgの箱とチューブサムネイル画像 プレマリンクリーム0.625mgのチューブ正面サムネイル画像 プレマリンクリーム0.625mgのチューブ裏面サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

プレマリンクリーム0.625mgの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
結合型エストロゲン 
製薬会社
ファイザー 
内容量
14gm
評価点数
評価4 (3.6点) 口コミ件数2
販売価格 ¥2,780
割引を実施中!
価格をチェック
数量: カートに入れる
商品概要
プレマリンクリーム0.625mgは、結合型エストロゲンという女性ホルモンが含まれたクリームです。
女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少によって起きる更年期障害は、女性の身体にさまざまな変化をもたらします。そのひとつに、性器の萎縮や炎症があります。
加齢により、女性ホルモンの分泌は減少した影響で性器の萎縮や炎症といった症状が出て、性交時に痛みが出たり、十分な満足感を得られなくなってしまうことがあります。
他に、月経不順、不正出血、動悸、ほてり、食欲不振などさまざまな更年期障害特有の症状が出てしまいます。
プレマリンクリーム0.625mgは、結合型エストロゲンが含まれていて、膣内に直接注入することにより、加齢により減少した女性ホルモンを補うことができます。
アプリケーターを用いて直接注入することができるので、クリームを確実に簡単に患部に届けられます。
プレマリンクリーム0.625mgは本来は膣および膣周での用途を目的としていますが、その効能から、顔やバストなどにもアンチエイジング、バストアップの目的で美容クリームとしても利用されています。
プレマリンクリーム0.625mgまとめ買い割引
  1. 通常価格販売価格
  2. プレマリンクリーム0.625mg / 単品
     ¥2,780 
    カートへ
  3. プレマリンクリーム0.625mg / 2個セット
    ¥5,560¥4,55918%OFF
    カートへ
  4. プレマリンクリーム0.625mg / 3個セット
    ¥8,340¥6,25525%OFF
    カートへ
  5. プレマリンクリーム0.625mg / 5個セット 売れ筋
    ¥13,900¥9,03535%OFF
    カートへ
  6. プレマリンクリーム0.625mg / 7個セット
    ¥19,460¥11,67640%OFF
    カートへ

プレマリンクリーム0.625mgの効果効能

プレマリンクリーム0.625mgは、更年期による膣内、膣周辺の変化や症状を緩和することを目的とした医薬品です。
基本的には膣内への注入、膣周辺への塗布が正しい使用方法となりますが、プレマリンクリーム0.625mgを肌に塗る事で、皮膚から女性ホルモンの1種であるエストロゲンを吸収させる事ができることから、アンチエイジング美容クリームとして顔や首など肌へ使用する方も多くいらっしゃいます。また、アンチエイジング効果だけでなく、バストアップの効果も期待できることから、バスト周辺にも使用されています。
加齢によって女性ホルモンであるエストロゲンが減少すると、膣が乾いてしまい、性交の際に痛みが発生する事があります。プレマリンクリーム0.625mgを膣に塗る事で、膣内部へ潤いをもたらし乾燥を緩和させる他、膣内部の弾力維持や萎縮を改善する効果が期待できます。
プレマリンクリーム0.625mgは、女性らしさや女性としての喜びを取り戻したい方などにおすすめです。

プレマリンクリーム0.625mgの使用方法

プレマリンクリーム0.625mgは、基本的に膣内への注入、もしくは膣周辺へ塗布するのを目的とした医薬品です。
膣挿入して使用する場合には、医師に1日の注入量を確認したうえで使用開始してください。
また、注入する場合は本剤付属の専用アプリケーターを使用し、以下の手順にて行ってください。
(1)清潔な手でアプリケーターの吸引部分を円筒アプリケーターの溝がない方へ差し込み、セットします。円筒アプリケーターの溝がある方へキャップを外したチューブをねじ込みます。
(2)チューブを底から押してアプリケーター内にクリームを注入します。その際、医者から指示された容量を守り、使用量が指示を超えないように注意してください。
(3)あおむけの状態で膝を立て、ゆっくりとアプリケーターを膣へ挿入します。
(4)鼠入下状態のまま、アプリケーターの吸引部分をゆっくりと押し、中のクリームをすべて膣内へ入れます。注入が終わったら、ゆっくりとアプリケーターを引き抜きます。
(5)使用したアプリケーターは、せっけん等の洗浄剤を使用し、ぬるま湯で洗います。乾燥させ、清潔な場所で保管してください。
プレマリンクリーム0.625mgを肌へ塗布して使用する場合は、1日1回を限度とし、適用量を使用するようにしてください。

プレマリンクリーム0.625mgの副作用

プレマリンクリーム0.625mgは、安全性の高い医薬品とされていますが、頭痛、腹痛、不正出血、ヒリヒリとした灼熱感、不正出血、吐気、膣内イースト菌感染症、脱毛などの副作用が報告されています。また、極稀に発生する重篤な副作用として、発作、心臓麻痺、血栓、卵巣がん、乳がん、子宮がん、子宮筋腫などもあります。
特に、プレマリンクリーム0.625mgを使用中にビタミンCを過剰摂取した場合、これらの副作用が出やすくなります。プレマリンクリーム0.625mgを使用中のビタミンCの過剰摂取には注意してください。
また、プレマリンクリーム0.625mgの使用開始時には吐気が起きやすい報告もあります。通常では、この症状は使用を継続するうちになくなりますが、強烈な吐気や、使用のたびに吐気を感じる場合、もしくは上記、副作用の症状が発生した場合などによってはプレマリンクリーム0.625mgの使用を中止し、医師へ相談してください。

プレマリンクリーム0.625mgの注意事項

プレマリンクリーム0.625mgを使用するにあたって、下記のいずれかに該当する方は使用することができません。
医師の診断をしていない状態での異常性器出血がある方、乳がん、子宮がん、狭心症、心筋梗塞、脳卒中の疑いや症状がある方、過去に患ったことがある方、エストロゲン依存の腫瘍がある方、進行性深部静脈血栓や肺塞栓の方、肝臓機能異常または肝臓疾患のある方、血栓形成傾向障害の方、妊娠中や妊娠の可能性がある方など。
その他の注意事項として、エストロゲン単剤療法の場合は子宮がんになる可能性が上昇します。
また、発作や血栓のリスクを高めるおそれがあり、プロゲスチンとの併用でも疾患のリスクが上がります。
ゴム製のコンドーム、ペッサリー、子宮頚管キャップなどの避妊具がプレマリンクリーム0.625mgと接触すると劣化する場合があります。
服用している薬剤がある方、治療中の方はプレマリンクリーム0.625mgを使用前に医師へご相談ください。

患者様の口コミや体験談

正面サムネイル画像
プレマリンクリーム0.625mg
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:14gm
  •  平均評価:評価3.6
投稿件数:2件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価:評価55
    プレマリンクリーム0.625mg-若い子頃の肌が戻ってきている気がします。

    若い子頃の肌が戻ってきている気がします。

    最近年齢を重ねれば重ねるほど、しわが目立ってしまい、肌にツヤやハリがなくなってきました。この薬を毎日気になる箇所に塗り込んでいると。、少しずつですが、若さが戻ってきた感じがしてうれしいです。

  • 評価:評価44
    プレマリンクリーム0.625mg-使ってみました

    使ってみました

    旦那がいつもお世話になっているバイアグラのファイザー製薬のホルモン剤と聞いて試しに買ってみました。市販のゼリーなど色々試してきましたが、これが一番自分の身体に合っている気がします。まとめ買いしてスキンケアでも使いたいです。

口コミ体験談を全て見る