白内障に

C-NAC

  • C-NACの箱正面
  • C-NACの箱とボトル
  • C-NACのボトル
C-NACの箱正面サムネイル画像 C-NACの箱とボトルサムネイル画像 C-NACのボトルサムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

C-NACの概要説明

医薬品分類
クララスティルのジェネリック
成分
N-アセチルカルノシン 
製薬会社
インタス 
内容量
10ml
評価点数
評価4 (3.5点) 口コミ件数1
販売価格 ¥2,980
割引を実施中!
価格をチェック
数量: カートに入れる
商品概要

C-NACとは、インタス社から販売されている白内障の治療薬であり、同じく白内障治療薬であるクララスティルのジェネリック医薬品となります。
C-NACを使用することで水晶体のたんぱく質をフリーラジカルによって酸化させるのを防ぎ、白内障を治療します。また、白内障の症状がおさまった後でも再発予防の目的で利用することもできます。
日本国内では女性が白内障を罹患する割合が圧倒的に高く、その男女比は男性1:女性3とされています。

C-NACまとめ買い割引
  1. 通常価格販売価格
  2. C-NAC / 単品
     ¥2,980 
    カートへ
  3. C-NAC / 2個セット
    ¥5,960¥4,88718%OFF
    カートへ
  4. C-NAC / 3個セット 売れ筋
    ¥8,940¥6,70525%OFF
    カートへ

症状と原因

白内障とは直径11mm前後の凸レンズである水晶体が濁ることで、物がかすんで見えたり二重に見えたり、まぶしく見えてしまう病気で、症状が進行するとメガネなどでは補強できないほどの視力低下となってしまう病気です。

水晶体が濁る原因としては加齢によるものが大部分とされており、高齢者の罹患割合(病気にかかる割合)が圧倒的に多い病気となります。
そのメカニズムは水晶体たんぱく質とアスコルビン酸塩が長年に渡って交差結合していることによって水晶体が衰え、弾性がなく固くなってしまったり色が変化することによって引き起こされます。
また水晶体を囲む液体で、天然の防御機能を持つ房水も加齢によって徐々に減少してくるため、症状が進行しやすくなるとされています。

他にも目のケガや医薬品の使用によって白内障となることもあります。
以前は白内障にかかると手術以外の選択肢はありませんでしたが、N-アセチルカルノシンが配合されている点眼薬を半年間毎日欠かさず使用したことで90%が視力の回復を認め、41.5%が水晶体の透明度が上がったというデータが報告されてから、点眼薬での治療が第一選択として用いられるようになりました。

効果・効能

C-NAC10mlの主成分はN-アセチルカルノシンですが、これは老人性の白内障に最も効果が高い成分とされており、アジア諸国では研究が活発に行われている成分となります。

点眼をすると、点眼薬の中に含まれるN-アセチルカルノシンという成分がL-カルノシン(非加水分解カルノシンともいう)という成分を房水に送り込みます。L-カルノシンは抗酸化作用および抗糖化作用のある成分ですが、それが房水内でも抗酸化作用を持つ成分として強力に働いてくれます。これによって白内障の原因となる水晶体のたんぱく質の酸化を防いでくれるため、水晶体の硬化や色の変化が起こらなくなり、白内障が改善していきます。
またこの効果を利用して白内障の予防としても利用されることが多い医薬品です。

カルボキシメチルセルロースとグリセリンがC-NACの成分に含まれているため他にも、角膜の不具合やドライアイ症候群、老眼や瞼裂斑(目のシミともいわれる白目内に茶色に近い膜ができ、白目内で広がる病気)に対しても効果を発揮します。
使用後、効果が出るまでは個人差があり、1本で効果が出るという方もいれば数本使ってやっと効果が出るという方もいます。
また、眼に見えて白い混濁が無くなったという人もいれば、視力が改善したが白濁は残っているなど、作用も人によって様々なことが確認されています。

副作用

C-NAC10mlを使用した際の副作用はほとんどないとされていますが、C-NAC10mlを使用したことで一時的な目の霞み、角膜の充血、痒み、刺激感などが報告されており、使用時に染みる、チクッとする、アルコールが入っているかのようにスースーしたなどの目の違和感を感じたという人もいるようです。
これらの症状は数回点眼を行い、目薬に慣れてくれば自然と消失するとされていますが、症状が改善されない、悪化している傾向にあるという場合は、すぐにC-NAC10mlを持参した上で眼科の診察を受けることをおすすめします。

また稀にぶどう膜炎が引き起こされる可能性があるという報告もあります。
いずれにしても、過去の事件性ともいえる重大副作用は1件しか報告されていないため安全性の高い薬とされています。
また、用法用量を守らずに使用を継続してしまうと場合によっては感染症が起こる可能性もありますが、現在のところそのような報告されていません。

使用方法

C-NAN10mlを使用する際に白内障の症状がすでに出ている場合には1日1~2滴を1日最大2回まで点眼をしてください。
その際に連続して2回使用するのは避けて、1回点眼をしたら5分ほど時間をおいて2回目の点眼をするようにしましょう。
白内障の症状がすでに出ている人は最初の6ヶ月は1日朝夕の2回、1滴ずつ使用し、次の7ヶ月目からは1日1回、1滴を点眼するというペースで行うことにより効果を十分に発揮することができます。
1滴点眼薬を落としたら60秒間目を閉じてから瞬きをすることで組織に薬液を十分に吸収させることができます。

保管方法

未開封の場合は25度以下で保管するようにしてください。開封後は冷蔵庫での保管が理想的ですが、1ヶ月ほどであれば室温での保管もできます。

使用時の注意点

開封後は速やかに使い切るようにし、遅くても30日以内には使い切りましょう。
この日数を超えると空気中の雑菌が混入して繁殖したり、中の薬液が酸化する可能性があります。開封後30日を超えている場合は破棄して新しいものを使用することをお勧めします。
また点眼薬を使用する際には必ず先端を目につけないようにして使用しましょう。目についてしまうと先端に目の中の雑菌がついてしまうとされています。そのため一度でも開封、使用した目薬は目薬内に雑菌が繁殖している可能性があると考えられるため、他人と使いまわすことは絶対にやめましょう。

コンタクトレンズを着用している場合は、コンタクトレンズを外してから点眼を行い、点眼後は15分以上空けてから再度着用しましょう。
また小さい子どもの手の届くところには置かないようにし、万が一点眼薬をなめたり飲み込んでしまった場合には医療機関を受診するようにしてください。

併用禁忌・併用注意薬

C-NAC10mlは併用に関して禁忌及び注意としている医薬品は現在のところ報告されていません。
しかし、医薬品以外で併用を禁止としているものがあります。それはサプリメントです。

抗酸化剤サプリメントといわれるルティン製剤やゼアキサンチン製剤、アスタキサンチン製剤などと併用すると、作用が半減してしまう可能性があるため、避けるようにしましょう。
また他の点眼薬を使用している場合には15分程度時間をおいてから使用するようにしましょう。特に油性の点眼薬を使用している場合には、C-NAC10mlを先に使用し、時間をおいてから油性の点眼薬を使用することで、両方の点眼薬の効果を発揮することができます。

同じ症状に効果のある「他の医薬品」との違い

白内障に効果のある他の医薬品として、C-NAC先発医薬品であるクララスティルがあります。このC-NACとクララスティルは成分が全く一緒で用法用量、成分なども同じになりますが、注目したいのが量です。
クララスティルは1本が5mlであるのに対してC-NACは1本10mlあります。
量が増えているだけでなく成分もしっかりと増やしてあります。
また、同量のクララスティルで計算するとクララスティルに比べてC-NACは約半額の値段となります。そのため安い価格で購入できる1本でたっぷりと使えるためコストパフォーマンスが高いのがC-NACとなります。また、開封をしなければ1年近くもつため、予防のために使用することも考えてまとめ買いをして保存しておくことを検討する方も多くなります。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
C-NAC
  •  医薬品分類:クララスティルのジェネリック
  •  内容量:10ml
  •  平均評価:評価3.5
投稿件数:1件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 1件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55

    効果があるように思えます。

    まだ使用して1か月目ですが、クリアになってきたような気がします。継続したいので、また購入すると思います。                          

口コミ体験談を全て見る