タダリフト20mg

  • タダリフト20mgの箱正面
  • タダリフト20mgの箱とシート
  • タダリフト20mgのシート正面
  • タダリフト20mgのシート裏面
  • タダリフト20mgの錠剤
タダリフト20mgの箱正面サムネイル画像 タダリフト20mgの箱とシートサムネイル画像 タダリフト20mgのシート正面サムネイル画像 タダリフト20mgのシート裏面サムネイル画像 タダリフト20mgの錠剤サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

タダリフト20mgの概要説明

医薬品分類
シアリスのジェネリック
成分
タダラフィル 
製薬会社
ファイザー 
内容量
4錠
販売価格 ¥2,980
在庫がありません

タダリフト20mgは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
タダリフト20mgの先発医薬品一覧
シアリス20mg 最大24%OFF ¥8,680~
シアリス10mg 売切れ ¥6,580~
×
商品概要
タダリフト20mgは、バイアグラで有名なファイザー社が販売するシアリスのジェネリック医薬品となっており、タダラフィルが有効成分となっています。服用してから最長で36時間効果が持続するのが特徴となっており、ペニスの勃起を抑制する酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)の働きを阻害して、勃起に必要な血管拡張作用のある環状グアノシン一リン酸(cGMP)の放出量を増やすことで海綿体に血液を集めやすくさせる効果があります。本来備わっている勃起する力を活かしてED治療を行うことから、自然な効き目を好む方におすすめのED治療薬です。
なお、EDの原因については「心因性」、「器質性」、心因性と器質性を合わせた「混合性」があります。タダリフト20mgは、いずれの場合でも有効となっていますが、器質性のタイプが神経障害や手術後の神経断絶によるものであったり、先天的なペニスの問題によるものの場合は、先に根本的な治療を行っていただく必要がある場合もございます。
なお、服用については、基本的に行為を行う1時間前をおすすめしております。服用してから効果が出るまで個人差はありますが、およそ1時間程度かかるとされており、性的な興奮や刺激があった場合のみ勃起が開始される作用となっています。性的な興奮を誘発するような成分は入っておりませんので、意図しない勃起が起きることもなく安心してご利用いただけます。

タダリフト20mgの効果効能

タダリフト20mgの有効成分であるタダラフィルは、勃起を抑制する酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)の酵素活性を阻害し、EDを改善する効果効能があります。
そもそも勃起は、男性が性的刺激・興奮を受けると脳の神経を経由してペニスに環状グアノシン一リン酸(cGMP)という血管拡張作用のある成分が増え、海綿体の血流が促進されることで起きるようになっています。その一方で、性的興奮が収まった後はPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)が環状グアノシン一リン酸(cGMP)を抑制し、血管を収縮させることでペニスを萎えさせるようになっており、勃起をコントロールする上では環状グアノシン一リン酸(cGMP)もPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)も本来必要不可欠なものです。EDの場合は勃起に必要な環状グアノシン一リン酸(cGMP)の放出量が減少しているのに対して、勃起を抑制するPDE5(ホスホジエステラーゼ5番)が通常通り放出され続けている状態のため、勃起が起きにくい状態になっています。タダラフィルは、PDE5(ホスホジエステラーゼ5番)の働きを阻害することで環状グアノシン一リン酸(cGMP)の放出量を増やして男性自身が本来持っている「勃起力」を呼び起こします。別名「PDE5阻害薬」とも呼ばれており、ナチュラルな効き目を好む方から特に支持されています。

タダリフト20mgの使用方法

タダリフト20mgの使用方法は、性行為の1時間前に服用するのがおすすめです。1度の服用で最長36時間効果が持続するとされており、再度服用する場合は24時間以上空けるようにしてください。
先発医薬品であるシアリス同様に食事の影響を受けずらいことがタダリフト20mgの特徴となっており、成分が体内に吸収された後であればあっさりめの食事や血行が促進される程度の飲酒が可能となっています。もし食後に服用するのであれば食事から2時間程度時間を空けると良いでしょう。成分が吸収されるのに要する時間ですが、1時間〜4時間程度と個人差がありますので即効性を求める場合は空腹時に服用しましょう。
なお、タダリフト20mg自体は血行改善によってED治療を行う医薬品となっており、服用するだけでは勃起しません。勃起には性的興奮および刺激が必要となります。

タダリフト20mgの副作用

タダリフト20mgは、作用がゆっくりと発現することからバイアグラやレビトラなど従来のED治療薬よりも副作用が控えめです。
有効成分であるタダラフィルには血管拡張作用があることから、頭痛やほてりが起きる場合がありますが一時的なものとされています。また、まれに一時的に視覚異常が起きる場合があることが報告されており、いつもよりもまぶしく感じたり、色味がいつもと違うようにみえたり、視界がかすむなどの状態になることがあります。そのほか、頭痛、火照り、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、紅潮、発疹、蕁麻疹、発熱、息苦しさ、発赤、咳などがあげられますが、これら副作用の発現頻度は他のED治療薬よりも低くなっています。

タダリフト20mgの注意事項

タダリフト20mgをご使用されるにあたり、下記の注意事項にご留意ください。
まず心臓病や脳卒中、心血管系疾患、高血圧症の治療で硝酸薬を服用中の方はタダリフト20mgをご利用いただけません。併用することで急激な血圧の低下が起きる場合があり非常に危険とされています。また、硝酸を含まない場合でもα遮断薬の降圧薬や排尿障害治療薬を服用されている場合も併用で血圧の変動が起きる場合があるため注意が必要となっています。
心臓や血圧などに関わる症状で治療中の方、服用中の薬がある方はタダリフト20mgを服用する前に必ず医師に相談するようにしましょう。
なお、タダリフト20mgは先発医薬品であるシアリス同様、食事の影響を受けずらいED治療薬となっていますが、グレープフルーツは有効成分であるタダラフィルの働きを阻害する成分が含まれるため、併用すると十分に薬効が発現しないことがあります。タダリフト20mgを服用中にグレープフルーツを摂取することは避けてください。

患者様の口コミや体験談

口コミがまだありません

全国郵便局留め対応、送料・手数料無料、処方箋不要、安心梱包
特集一覧
本日の為替レート113.35円(1US$)