いざという時に役立つ抗生物質の入手法。市販されているの?

いざという時に役立つ抗生物質の入手法。市販されているの?

いざという時に役立つ抗生物質の入手法。市販されているの?のイメージ画像

クラビットやフロモックスを始めとする抗生物質の入手法を知っていますか?

細菌を殺す働きのある抗生物質は、様々な感染症の治療や予防に役立ちます。
皆さんが1度は耳にした事のあるクラミジア感染症や結核も感染症です。
「もしかして感染症かも?」と心配になった時に、抗生物質が家にあると安心に繋がります。
今回は抗生物質の入手法について紹介したいと思います。

抗生物質は病院で処方して貰える

「ドラッグストアや薬局では抗生物質の購入は出来ない」と法律で決められています。
抗生物質が欲しい場合には、病院で医師に処方して貰うか個人輸入で購入する必要があります。

【こんな時に抗生物質が処方される】
  • 細菌や一部ウィルスが原因の感染症にかかっている時
  • 外傷や熱傷、手術後の傷から感染の恐れがある時

抗生物質は、病原菌や一部のウィルスの発育、繁殖を抑える医薬品なので感染症の治療薬として使われています。
外傷や熱傷などの傷口に病原菌が入り込み、患部感染の可能性がある場合には感染症の予防薬として使われることもあります。

【抗生物質で治療できる病気の例】
  • クラミジア感染症
  • 結核
  • コレラ
  • 膀胱炎
  • 重い風邪症候群
  • サルモネラ感染症
  • マイコプラズマ肺炎
  • 中耳炎
  • 副鼻腔炎
  • 急性気管支炎

抗生物質で治療が出来る病気の一例です。

病院に行かず、抗生物質を入手するなら個人輸入がオススメ

個人輸入を行う女性の画像

病院に行かずに抗生物質を購入したい人の殆どが、医師にも相談しにくいお悩みを抱えていると思います。
クラミジアなどの性病に感染しても、病院に出向き抗生物質を処方してもらうのは恥ずかしいですよね。
個人輸入であれば、病院を受診して恥ずかしい思いをすることなく抗生物質を購入出来ます。
勿論、いざという時の為に抗生物質を家に備えたいという人にも個人輸入はオススメです。

個人輸入サイトの使い方は、Amazonや楽天の利用法と全く変わりません!
商品を選び、住所や氏名などの必要な情報を入力するだけであなたが欲しい抗生物質が気軽に入手出来ます。

抗生物質を個人輸入するなら、整腸剤も用意しよう

病院で抗生物質と一緒に整腸剤を処方されたことはありませんか?
抗生物質は病原菌だけでなく、善玉菌と悪玉菌も殺してしまうので服用後に軟便になる可能性が高いのですが、抗生物質と一緒に整腸剤を処方することで腸内菌を補い軟便を予防出来ます。
個人輸入で購入できる抗生物質にも、腸内菌を減らす副作用がある為、整腸剤を用意しておきましょう。

「整腸剤なら市販のものを持っているから大丈夫!」という人もいるかもしれませんが、市販の整腸剤で抗生物質に耐性を持っているものは多くありません。
(耐性を持たない整腸剤は、抗生物質と併用することで死滅してしまいます。)
市販の整腸剤で、抗生物質に耐性を持つ宮入菌を使っているのは「ミヤイリサン」や「ミヤフローラ」等です。

※ミヤイリサン、ミヤフローラはミヤイリサン製薬株式会社が販売する抗生物質との併用が可能な整腸剤です。

抗生物質の軟便を市販の整腸剤で対処したい人は、これらを用意しておきましょう。

抗生物質を服用する際に意識したい知識

個人輸入で抗生物質を購入し、服用する時には完治までにどれだけの期間服用する必要があるのかを調べる必要があります。

【例】クラミジア感染症 クラミジア感染症は、服用期間と服用後に行う検査期間を含め完治までに3~4週間かかると言われています。

【例】膀胱炎 服用後1~2日で症状が落ち着くことが殆どですが、4~5日間の服用が必要になると言われています。

感染症治療の為に抗生物質を使うことで、病原菌を減らす事が出来ますが症状が無くなったからと言って体内から病原菌が消えたという確信には至りません。
無症状でも体内に病原菌がいる可能性がある為、感染症治療に抗生物質を服用する場合には、症状が無くなった後にも一定期間服用を続け病原菌を殺す必要があるのです。

抗生物質は完治まで飲み切る事。耐性菌が出現する可能性もある

病原菌が体内に残っているかどうかは自分で判断することが出来ないので、服用が終わった後には医療機関で検査を行うことが推奨されます。
「症状も出ていないしもう大丈夫だろう」と服用を早期に止めたり、検査を行わず完治の有無を確認しないと、体内に病原菌が残っていた病原因が増殖し再発に至る可能性があります。

抗生物質は、各感染症の治療期間に合わせ飲み切り完治の有無を確認しないと、抗生物質に耐性を持つ「耐性菌」が発現してしまうリスクを持っているので、正しい服用を心がけてください。