コビックス100mg

  • コビックス100mgの箱正面
  • コビックス100mgの箱とシート
  • コビックス100mgのシート正面
  • コビックス100mgのシート裏面
  • コビックス100mgの錠剤
コビックス100mgの箱正面サムネイル画像 コビックス100mgの箱とシートサムネイル画像 コビックス100mgのシート正面サムネイル画像 コビックス100mgのシート裏面サムネイル画像 コビックス100mgの錠剤サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

コビックス100mgの概要説明

医薬品分類
セレコックスのジェネリック
成分
セレコキシブ 
製薬会社
シプラ 
内容量
100錠
評価点数
評価4 (3.8点) 口コミ件数2
販売価格 ¥4,980
在庫がありません

コビックス100mgは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
商品概要
コビックス100mgは、NSAIDsの消炎・鎮痛剤に分類される医薬品で、1988年にアメリカのアメリカ食品医薬品局(FDA)から認可を得てから現在に至るまで、100ヶ国以上で販売されているセレコックスという薬のジェネリック医薬品になります。
海外では大変人気のある薬ですが、日本では厚生労働省の認可は受けていません。
コビックス100mgの主成分は、セレコキシブで形成されていて、NSAIDsの消炎鎮痛剤で胃への刺激や体内での出血を抑えた状態で治療できますので負担が少なく、胃腸の症状が出やすい方でも比較的利用しやすいです。
関節リウマチの痛みの軽減と関節や筋肉の炎症を抑えて緩和させる働きがあり、変形性関節症や腰痛症、肩関節周囲炎、腱鞘炎、頸肩腕症候群、抜歯後の消炎などの症状に効果があります。
コビックス100mgは対症療法薬になりますので、原因そのものを治療することはできません。また、予防薬でもありませんので症状が出ていない時に服用しないよう注意してください。

コビックス100mgの効果効能

コビックス100mgは、セレコキシブを主成分とする誘導型シクロオキシゲナーゼ選択性の消炎・鎮痛薬(NSAIDs)であり、関節リウマチや変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱鞘炎などの消炎及び鎮痛治療に有効とされています。
人間の炎症部位では、プロスタグランジンやロイコトリエンなどのエイコサノイド、活性アミンのヒスタミン、発痛物質最強のブラジキニンなどが分泌されています。
コビックス100mgは、アラキドン酸をから生成される構成型プロスタグランジンと誘導型プロスタグランジンのうち誘導酵素プロスタグランジンを生成するシクロオキシゲナーゼを選択的に阻害する事で、炎症や疼痛の原因となる誘導型プロスタグランジンの生成を抑制し、関節リウマチや変形性関節症、腰痛症などの消炎及び鎮痛効果を示します。
また、コビックス100mgは、既存のNSAIDsよりもの消化粘膜及び血小板に対する悪影響が少なく、消化管障害や血小板凝集阻害症候群、腎機能障害などが少なく安全性の高い抗炎症薬です。

コビックス100mgの使用方法

現在、鎮痛剤として最も多く用いられている成分が「セレコキシブ」という成分です。この成分を含むジェネリック医薬品として挙げられる代表的なものが「コビックス100mg」です。
シクロオキシゲナーゼという酵素を阻害することで発揮する鎮痛剤の作用の裏返しとして、最も注意が必要な胃への負担について、酵素への選択的な働きを持つことで軽減することが利点と言える成分がこのセレコキシブです。
使用方法としては、通常100mgを1日2回、効果不十分な場合には1回200mgまで増量する、という形になります。
鎮痛や抗炎症作用を目的とした処方として非常に多く用いられており、さまざまな症例に対して効果が期待できる薬であると言えます。

コビックス100mgの副作用

コビックス100mgに限らず、「NSAIDs」と呼ばれる種類の医薬品全般に、胃酸の分泌を増やすことに由来する消化性潰瘍、消化管出血などの胃腸障害が報告されています。
コビックスの胃腸障害は、他の同効薬に比較して少ないと言われていますが、長期的に服用する場合や、既に胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった消化系の疾患にかかったことがある場合などは注意が必要です。
稀ですが重篤な副作用として心筋梗塞や狭心症、脳卒中、アナフィラキシー様症状等が報告されていますので、そのような持病を持っている方や高齢の方、もしくは長期服用時など注意してください。
服用量、服用期間によっても左右されるため、副作用の発現の有無を見ながら適切に使用することが大切であると言えるでしょう。

コビックス100mgの注意事項

コビックス100mgの注意事項として症状により服用量が変わってきます。再度服用する時は6時間以上間隔を空けてから服用し、1日2回までの服用が原則となっておりますので用法・用量を守り正しく使用してください。
長期服用はあまり好ましくないので症状が改善された場合、減量や中止を考え継続の可否を医師と相談するとよいでしょう。
アレルギー体質の方や、もともと喘息をお持ちの方は発疹ができたり、喘息発作を起こす恐れがありますので注意しましょう。
他に注意することで妊娠の恐れがある方や妊娠中の方は治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。授乳中の場合は授乳を避けるようにしてください。
また、アルコールの摂取は副作用を出やすくさせてしまう恐れがありますので控えるようにしてください。
身体に異変が起こりなかなか治まらない場合すぐに薬の服用を止めて医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

患者様の口コミや体験談

正面サムネイル画像
コビックス100mg
  •  医薬品分類:セレコックスのジェネリック
  •  内容量:100錠
  •  平均評価:評価3.8
投稿件数:2件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 2件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55
    コビックス100mg-関節痛の痛みを和らげてくれるので助かります。

    関節痛の痛みを和らげてくれるので助かります。

    最近運動した後に関節痛がひどいことが多いのですが、その際にコビックスを使用しています。関節痛の痛みが緩和されるのでかなり助かっています。

  • 評価:評価55
    コビックス100mg-関節痛

    関節痛

    こういった鎮痛剤の中には体に合わない物もあり、選ぶのに神経を使うんですが、これは何の問題もなく飲めました。関節炎にグッドです。

口コミ体験談を全て見る