スミナット50mg

  • スミナット50mgの箱正面
  • スミナット50mgの箱とシート
  • スミナット50mgのシート正面
  • スミナット50mgのシート裏面
  • スミナット50mgの錠剤
スミナット50mgの箱正面サムネイル画像 スミナット50mgの箱とシートサムネイル画像 スミナット50mgのシート正面サムネイル画像 スミナット50mgのシート裏面サムネイル画像 スミナット50mgの錠剤サムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

スミナット50mgの概要説明

医薬品分類
イミグランのジェネリック
成分
スマトリプタン 
製薬会社
サンファーマ 
内容量
5錠
評価点数
評価4 (3.8点) 口コミ件数3
販売価格 ¥4,480
割引を実施中!
価格をチェック
数量: カートに入れる
スミナット50mgの先発医薬品一覧
イミグラン50mg 最大40%OFF ¥1,780~
イミグラン100mg 最大40%OFF ¥2,580~
×
商品概要
スミナット50mgは、スマトリプタンを主成分とするイミグランのジェネリック医薬品であり、セロトニン1B/1D受容体作動型頭痛治療薬に分類される鎮痛剤です。
スミナット50mgは、片頭痛発生初期に1錠服用する事で、三叉神経の興奮を鎮静化し疼痛物質を放出を抑制する事により、脳の硬膜に分布する血管の拡張を抑制し片頭痛の症状を改善しますが、充分な鎮痛効果が得られない場合には更にスミナット50mgを1錠服用します。しかし、スミナット50mgの服用間隔は、2時間以上あける必要があり、1日の摂取上限は200mgの4錠分となっています。
スミナット50mgは、発生している片頭痛の症状を改善する鎮痛剤である事や血中半減期が1,2時間〜2時間と短い事から予防効果は全く無いとされ、逆に痛みを我慢に我慢を重ねての服用は充分な鎮痛効果が得られない場合も有るので、出来るだけ早い時期に服用する方が医薬効果が大きいとされています。
スミナット50mgまとめ買い割引
  1. 通常価格販売価格
  2. スミナット50mg / 単品
     ¥4,480 
    カートへ
  3. スミナット50mg / 2個セット 売れ筋
    ¥8,960¥8,06410%OFF
    カートへ
  4. スミナット50mg / 3個セット
    ¥13,440¥11,55814%OFF
    カートへ
  5. スミナット50mg / 5個セット
    ¥22,400¥18,36818%OFF
    カートへ
  6. スミナット50mg / 7個セット
    ¥31,360¥24,46122%OFF
    カートへ

スミナット50mgの効果効能

スミナット50mgは、スマトリプタンを主成分とするセロトニン1B/1D受容体作動型頭痛治療薬として、急性期の片頭痛の治療に用いられているイミグランというお薬のジェネリック医薬品です。
スマトリプタンは、5-ヒドロキシトリプタミンとも呼ばれる三大脳内伝達物質の1つであるセロトニンと類似した分子構造を持ち、セロトニンの様にドーパミンやノルアドレナリンの作用を抑制し、脳や神経、血管拡張などを抑制する効果を示します。
その効果により、スマトリプタン50mgは三叉神経の興奮を鎮静化され、片頭痛の原因となるCGRPやサブスタンスPなどの疼痛物質を放出を抑制し、脳の保護膜である硬膜の血管の拡張も抑制して、日常の生活に支障を来す片頭痛の疼痛を鎮静化する効果を示します。
スミナット50mgは、特異な作用機序に加えて血中半減期が1.2時間?2時間と短いので、前もって服用しても予防効果が無いとされ、片頭痛発生直後の服用が効果的とされています。

スミナット50mgの使用方法

スミナット50mg錠の使用方法ですが、片頭痛が起きたとき、1回1錠を服用します。もし効き目が悪いときは、次からは1回2錠を服用しても構いません。ただし、1日の最大用量は4錠、つまり200mgまでとします。また、いくら片頭痛がひどくても、一度に4錠をまとめて服用してはいけません。一度の服用量は最大でも2錠までです。
また、服用してから次の服用までの間隔は、最低でも2時間は空けるようにしてください。
このスミナット50mg錠は、今まさに起こっている片頭痛を治療するためのもので、片頭痛が起こっていないときに飲んでも片頭痛を予防するようなことは期待できません。急性治療薬として用法・容量を守って正しく使用してください。

スミナット50mgの副作用

スミナット50mgは、三叉神経を鎮静化し神経ペプチドやP物質の抑制や血管内壁のセロトニン受容体に作用し血管拡張抑制などの作用により、片頭痛の症状を緩和します。
主な副作用としては、動悸や吐き気、めまい、眠気、倦怠感、体の痛みなどが発症し、服用者の体質により稀にアナフィラキシーショックやてんかん様発作などが発症する場合もあります。
スミナット50mgは、血管を収縮させる作用があるので、胸のや違和感、圧迫感、不整脈等の症状が現れる狭心症や心筋梗塞などの重篤な副作用が発症する場合もあります。
又、スミナット50mgは、人為的にセロトニンの濃度を高める為に、高血圧や緊張、異常発汗、体温上昇などの症状が現れるセロトニン症候群を発症する場合もあります。

スミナット50mgの注意事項

スミナット50mgは片頭痛などの治療に使われるお薬で、有効成分のスマトリプタンが血管を収縮させて炎症を抑える事で痛みを緩和させる効果があります。
スミナット50mgを服用する際の注意事項は、1回服用して効果が不十分な場合は2時間以上間隔を空けてから追加服用をすることができますが、1日の総服用量は200mg以内と定められているので注意しましょう。
飲み合わせに注意する薬や飲み合わせの悪い薬などが指定されていますので、常用薬などがある場合は医師などに相談してから服用するようにします。
また、肝臓や腎臓の疾患や高血圧、心臓病などある場合は、幾つかの種類の重度心臓疾患などを引き起こす可能性があるので、服用する際は必ず医師に相談し、血管を収縮させる作用があるので狭心症や心筋梗塞の人は悪化させる可能性があり、成人以下の子供や妊婦などは服用できないので注意します。
スミナット50mgを服用すると、眠気を伴う場合があるので車の運転や危険な作業は避け、飲酒や喫煙など片頭痛を引き起こす原因となるので避けてください。

患者様の口コミや体験談

正面サムネイル画像
スミナット50mg
  •  医薬品分類:イミグランのジェネリック
  •  内容量:5錠
  •  平均評価:評価3.8
投稿件数:3件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価:評価55
    スミナット50mg-偏頭痛薬

    偏頭痛薬

    早めの内服が必要です。
    痛くなり始めに内服。なってからでは遅いかもです。
    受診すると、MRIを受けたり、また、日にち予約したりしないといけないので、通販は、重宝しますよ。

  • 評価:評価55
    スミナット50mg-片頭痛に効き目抜群!

    片頭痛に効き目抜群!

    定期的に片頭痛になりやすかっので、効果があまり期待できない、市販されている頭痛薬ではなく、より鎮痛効果が高い薬を探していたところスミナット50mgを友人に勧められました。
    実際に片頭痛が出た時にすぐに服用したところすぐに痛みがおさまり、これまでのような頭痛に悩む心配が無くなったのでこれからも利用するようにします!

  • 評価:評価44
    スミナット50mg-イミグランと同じ効果

    イミグランと同じ効果

    病院でもらったイミグランがよく効いたので、ネットで注文しました。今のところ効果に違いは感じていません。片頭痛になる前に飲んでいますが、場合によっては半分で飲むことも有ります。

口コミ体験談を全て見る