ベネトリンエボハラー100mcg

  • ベネトリンエボハラー100mcgの箱正面
  • ベネトリンエボハラー100mcgの箱と器具
  • ベネトリンエボハラー100mcgの器具横面
  • ベネトリンエボハラー100mcgの器具中身
  • ベネトリンエボハラー100mcgのボトル
ベネトリンエボハラー100mcgの箱正面サムネイル画像 ベネトリンエボハラー100mcgの箱と器具サムネイル画像 ベネトリンエボハラー100mcgの器具横面サムネイル画像 ベネトリンエボハラー100mcgの器具中身サムネイル画像 ベネトリンエボハラー100mcgのボトルサムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

ベネトリンエボハラー100mcgの概要説明

医薬品分類
先発医薬品
成分
サルブタモール硫酸塩 
製薬会社
グラクソスミスクライン 
内容量
100mcg
評価点数
評価4 (3.6点) 口コミ件数2
販売価格 ¥1,780
在庫がありません

ベネトリンエボハラー100mcgは、ただいま在庫切れとなっております。

入荷をお待ちいただくか、類似している医薬品をご覧ください

 
商品概要
ベネトリンエボハラー100mcgは、アレルギーや体質などによる喘息や慢性閉塞性肺疾患の発作時に頓服として使用する吸入タイプのお薬となっており、気管支平滑筋にある交感神経のβ2受容体を刺激することで気管支を広げ、呼吸を楽にする作用があります。
喘息は、気管支が炎症を起こし、痙攣して細くなり、呼吸が苦しくなるという症状が起こります。一方の慢性閉塞性肺疾患は、主に慢性気管支炎と肺気腫の事を指し、咳や痰が多くなり、動くと呼吸が苦しくなるという特徴があります。
ベネトリンエボハラー100mcgは、これら喘息や慢性閉塞性肺疾患によって起きる喘息発作や急な呼吸困難時に対して吸入後、速やかに効果を発揮します。
作用時間は短く4時間から6時間になっており、作用時間から短時間作用型に分類されます。
頓用薬として喘息発作や呼吸困難に吸入するのが一般的なので、長期の定期的な予防薬としての吸入には向いていないお薬になります。

ベネトリンエボハラー100mcgの効果効能

ベネトリンエボハラー100mcgは、サルブタモール硫酸塩を主成分としています。
サルブタモール硫酸塩はβ2刺激薬とも呼ばれており、気管支平滑筋にある交感神経のβ2受容体を刺激することで気管支を広げ、呼吸を楽にしてくれます。またサルブタモール硫酸塩は、従来のβ2刺激薬に比べ副作用が軽い第二世代のβ2刺激薬とされており、心臓など循環器系への悪影響も比較的少ない点が特徴です。
ベネトリンエボハラー100mcgを心臓病喘息の発作や、急な呼吸困難等の発作が起こった時に吸入すると、速やかにその効能を発揮し、効果は4〜6時間持続する短時間作用型となっています。定期的な吸入を行うような予防薬としてではなく、発作発生時の頓服としての使用が一般的です。
この他にも、風邪や喉頭炎、肺結核、小児喘息等、気管支に関する幅広い症状に効果的といわれています。
吸入後はしっかりとしたうがいを行うことで全身性の副作用をある程度回避できるとされています。吸入の都度、うがいおよび口腔内の洗浄を行うと良いでしょう。

ベネトリンエボハラー100mcgの使用方法

ベネトリンエボハラー100mcgは、喘息や慢性閉塞性肺疾患の発作発現時に頓服使用する気管支拡張薬です。
ベネトリンエボハラー100mcgには、吸入器と薬剤が充填されたボンベがセットになっています。吸入口のキャップを外し、吸入器にしっかりとボンベを差し込んでからよく振って深呼吸しながら吸入します。小児と大人では吸入量が異なりますので、事前に医師へ確認しておくことをおすすめします。自己判断で吸入量を判断してしまうと、その効果を十分に発揮しなかったり、逆に副作業が強く出てしまうこともありますので注意しましょう。
吸入後は、喉と口腔内をしっかりとしたうがいによって洗浄します。口腔内に大量に薬剤が残ることは滅多にありませんが、吸入後に都度、丁寧なうがいをおこなうことで全身性の副作用をある程度回避できるとされています。
吸入器は週に1度はぬるま湯で洗浄を行い、しっかりと水気を拭き取って乾燥させた状態で清潔に使用するようにしましょう。
なお、ベネトリンエボハラー100mcgは、一度の吸入でおよそ3時間以上効果が持続するため、その間の吸入は原則として避け、医師の指示があった場合のみ吸入するようにしましょう。

ベネトリンエボハラー100mcgの副作用

ベネトリンエボハラー100mcgの副作用としては、口の渇きや喉のかゆみ、頭痛、食欲の減退、発汗、ふらつき、味覚の変化、不安感、身体の震え、動悸などが報告されています。
また、まれな副作用としては頻脈、興奮、低カリウム血症、筋痙攣、耳鳴り、不眠、便秘などがあります。
吸入量が多い場合に副作用が出やすいとされているため、ベネトリンエボハラー100mcgは使用開始前に医師に吸入量を相談することをおすすめします。
なお、ベネトリンエボハラー100mcgは他の薬剤と併用すると副作用が強く出てしまったり、他の薬の薬効を阻害する場合があります。
喘息や慢性閉塞性肺疾患以外の持病や常用薬がある場合には、併用について予め医師に確認するようにしましょう。

ベネトリンエボハラー100mcgの注意事項

ベネトリンエボハラー100mcgは、主成分であるサルブタモール硫酸塩が交感神経であるβ2受容体を刺激して気管支を広げる働きをします。
交感神経を興奮させる作用があるので、心臓病、高血圧、甲状腺機能亢進症、糖尿病の症状がある場合には、医師の指示の下、慎重に使用するようにしましょう。
その他、ベネトリンエボハラー100mcgをアドレナリン(ボスミン)や、イソプレナリン(イソメニール、プロタノール)などカテコールアミン製剤と併用したり、テオフィリン(テオドール)、副腎皮質ホルモン薬、利尿薬などと併用すると不整脈などの副作用を引き起こすとされています。
高血圧や心臓病の症状がある方がベネトリンエボハラー100mcgを使用する場合には事前に医師に相談をし、定期的に血圧測定や心電図検査を行って副作用がでていないか診察を受けるのが安全です。体調によっては血液検査をおこない、カリウム値などに異常がないかも調べましょう。
また、妊娠中、妊娠の可能性がある方、授乳中の方は療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ使用するようにします。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
ベネトリンエボハラー100mcg
  •  医薬品分類:先発医薬品
  •  内容量:100mcg
  •  平均評価:評価3.6
投稿件数:2件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価:評価55

    同じ値段で同じ効果だけど、量は倍ある。

    効果はしっかり実感できます。また、病院でいつも処方してもらえる量の倍を同じ値段で買えるので、お得です。これはリピート確定です。使い切ったらまた買います!

  • 評価:評価44

    ネットで注文できるなんて…

    思っていませんでした。薬局にも売ってないから嬉しいです。発作が起こった時吸入すると5時間ぐらいは効果あります。今後はこちらで注文する予定です。

口コミ体験談を全て見る