セロフロ吸入器250mcg

  • セロフロ吸入器250mcgの箱正面
  • セロフロ吸入器250mcgの箱と器具
  • セロフロ吸入器250mcgの器具横面
  • セロフロ吸入器250mcgの器具中身
  • セロフロ吸入器250mcgのボトル
セロフロ吸入器250mcgの箱正面サムネイル画像 セロフロ吸入器250mcgの箱と器具サムネイル画像 セロフロ吸入器250mcgの器具横面サムネイル画像 セロフロ吸入器250mcgの器具中身サムネイル画像 セロフロ吸入器250mcgのボトルサムネイル画像
写真に関する注意事項

商品写真は製薬会社の都合により、実際に届く商品とパッケージ等が異なる場合があります。
医薬品の効果や品質に違いはありませんのでご安心下さい。
病院での処方と同様に、シートごとのお渡しとなる場合もございますので、予めご了承下さい。

セロフロ吸入器250mcgの概要説明

医薬品分類
アドエアのジェネリック
成分
サルメテロールキシナホ酸塩 
製薬会社
シプラ 
内容量
250mcg
評価点数
評価4 (3.8点) 口コミ件数2
販売価格 ¥3,080
割引を実施中!
価格をチェック
数量: カートに入れる
商品概要
セロフロ吸入器250mcgは、体質やアレルギー反応による喘息や慢性閉塞性肺疾患の緩和を目的とした吸入剤です。
セロフロ吸入器250mcgはこれらの症状に効果のある2つの有効成分が配合されていて、1つはフルチカゾンプロピオン酸エステルで気道の炎症をおさえ喘息の発作による呼吸困難を予防します。
もう1つはサルメテロールキシナホ酸塩という成分で、気道を拡張する作用により呼吸を楽にします。
一度の使用でおよそ12時間効果が持続するため、就寝前に吸入すると朝まで効果が持続するのが特徴となっており、世界中で使用されています。
なお、セロフロ吸入器250mcgは吸入から効果が表れるまでに時間を要しますので、突如呼吸困難となるような喘息発作の急性期治療としてはお使いいただけません。
副腎皮質ホルモンの吸入だけでは症状を抑えずらいやや重い喘息(軽症持続型以上)の方を対象としてお薬となっています。
毎日セロフロ吸入器250mcgを朝晩2回吸入することであらかじめ喘息や慢性閉塞性肺疾患の症状を予防します。
セロフロ吸入器250mcgまとめ買い割引
  1. 通常価格販売価格
  2. セロフロ吸入器250mcg / 単品
     ¥3,080 
    カートへ
  3. セロフロ吸入器250mcg / 2個セット
    ¥6,160¥5,05118%OFF
    カートへ
  4. セロフロ吸入器250mcg / 3個セット
    ¥9,240¥6,93025%OFF
    カートへ
  5. セロフロ吸入器250mcg / 5個セット 売れ筋
    ¥15,400¥10,01035%OFF
    カートへ
  6. セロフロ吸入器250mcg / 7個セット
    ¥21,560¥12,93640%OFF
    カートへ

セロフロ吸入器250mcgの効果効能

セロフロ吸入器250mcgは、喘息や慢性閉塞性肺疾患の治療や予防に使われる吸入薬です。
アドエアのジェネリックとして、世界中で使用されています。
この薬の主成分は、「フルチカゾンプロピオン酸エステル」と、「サルメテロールキシナホ酸塩」の2つです。
フルチカゾンプロピオン酸エステルは、副腎皮質ホルモン薬の成分です。強い抗炎症作用によって気道の炎症を抑制し、喘息による発作を起こりにくい状態にします。
サルメテロールキシナホ酸塩は、β2受容体刺激作用のある成分です。交感神経のβ2受容体を刺激する事で、気管支を広げ、呼吸が楽になるのを助けます。
気道の炎症を抑え、気管支の拡張で空気を通りやすくするという2つの働きによって、呼吸機能の改善させる効果があります。
喘息や慢性閉塞性肺疾患症状がやや重い場合に用いられます。この2つの成分は脂溶性で、長く体に留まりやすい事が特徴です。
そのため、他の同類の薬と比べると効果の持続時間が長めとなっており、朝と晩、12時間空けて吸入を行います。

セロフロ吸入器250mcgの使用方法

セロフロ吸入器250mcgは、付属の吸入器に薬剤が充填されたボンベをセットして使用するタイプの吸入薬です。
吸入器にボンベをしっかりとセットし、ボンベ内の薬剤が均一に混ざるようによく振ってから噴霧します。
吸入の方法にはオープンマウス法とクローズドマウス法の2種類がありますが、どちらで吸入するかは医師の指示を仰いでください。
セロフロ吸入器250mcgは、1度の吸入でおよそ12時間効果が持続します。朝と晩、吸入することで喘息や慢性閉塞性肺疾患の予防を行います。
なお、吸入器については清潔な乾いた布で拭いて衛生的に使うようにしましょう。水洗い、つけ置き洗いはできませんので、ご注意ください。

セロフロ吸入器250mcgの副作用

セロフロ吸入器250mcgの副作用としては、発疹や顔や喉の炎症や腫れ、また咳などの報告があがっています。
重い副作用としては身体のだるさ、筋力低下、便秘、脈の乱れ、動悸などの低カリウム血症の症状を引き起こすほか、発熱、咳、痰などをともなう肺炎、手足のしびれや蕁麻疹、全身発赤、めまい、吐き気、冷汗、血圧低下などのショック症状があります。
副作用をできるだけ回避するためにも、セロフロ吸入器250mcgを吸入後はしっかりとうがいをして口内に残った薬剤を洗い流しましょう。
なお、吸入量が多すぎる場合は副作用を起こしやすくなるとされています。
用法容量を守ってセロフロ吸入器250mcgを使用してください。

セロフロ吸入器250mcgの注意事項

セロフロ吸入器250mcgは、喘息や慢性閉塞性肺疾患の予防薬として効果を発揮していますが、使用にあたっては注意が必要です。
吸入は、1日2回を厳守とし、1度の吸入から12時間空けるようにします。
含有成分のひとつとして副腎皮質ホルモンが含まれており、気道内の炎症を抑制します。更に気管を拡張させる成分も含まれていますので、それらの相乗効果によって使用後の持続時間が長くなります。
苦しさ、辛さを出来るだけ避けたいばかりに頻繁に利用することは、体内に過剰に成分が行き渡ってしまい、副作用が強く出てしまう場合があります。
また、使用後は必ずしっかりとしたうがいを行うようにしましょう。口内に大量に薬剤を残ることはめったにありませんが、うがいによってそれらを洗い流すことで副作用を抑えます。
その他に、心臓の弱い方、高血圧、重度の感染症を患っている場合などは、使用を見合わせるか、頻度を減らす方法がとられます。素人判断での調整には難しさがありますので、必ず医師の指示に従って正しく使うようにしてだたしく使用しましょう。
なお、セロフロ吸入器250mcgは予防薬として構成されている薬です。吸入してから効果が発現するまでに時間を要するため、突発的に呼吸が苦しくなるような喘息発作症状の場合には適しませんので、こちらもご注意ください。

患者様の口コミや体験談

箱正面サムネイル画像
セロフロ吸入器250mcg
  •  医薬品分類:アドエアのジェネリック
  •  内容量:250mcg
  •  平均評価:評価3.8
投稿件数:2件 口コミ体験談を全て見る
  • 評価5 2件 チェック!
  • 評価4 0件 チェック!
  • 評価3 0件 チェック!
  • 評価2 0件 チェック!
  • 評価1 0件 チェック!
  • 評価:評価55

    喘息が驚くぐらい治まります

    喘息を持っておりましたが、セロフロ吸入剤を吸引してから調子がすごくいいのです。
    冬場にはよく喘息発作があらわれていましたが、この吸入剤のおかげで、おどろくくらい発作が鎮まるのです。

  • 評価:評価55

    喘息予防

    大事なイベントで喘息が止まらず苦い経験をしたこと有り(;´・ω・)人前に出てプレゼンをする事が多いけどこれが有れば、自信を持ってプレゼンが出来ます!

口コミ体験談を全て見る