若くてもAGAに?手遅れになる前に実践したいハゲ予防の極意

若くてもAGAに?手遅れになる前に実践したいハゲ予防の極意

若くてもAGAに?手遅れになる前に実践したいハゲ予防の極意のイメージ画像

大切な髪の毛を守る為なら、どんなことでもやりたいという人に向けて今回はハゲ予防に役立つ知識を紹介したいと思います。
なぜハゲてしまうのか、AGAの原因を理解し予防法を知ることであなたの髪の毛を守ることに繋がります。

絶対にハゲたくないと考えている人は、1本でも多く髪の毛を守るためにもこちらで紹介する予防法を今日から実践してみましょう。

ハゲ(AGA)の原因は男性ホルモンの一種が原因

ハゲ(AGA)の原因は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)です。
DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と結びつくことで変換される男性ホルモンです。

DHTは髪の毛の土台である「毛母細胞」に働きかけヘアサイクルの成長期を短くなるように働きかけます。

【ヘアサイクルとは】 ヘアサイクルとは、髪が成長し抜けるまでの周期です。
髪の毛が延びる成長期は2~6年、髪の毛が抜ける退行期が2週間、毛母細胞のお休み期間である休止期が3か月前後です。

髪の毛が成長する期間が延びると、髪の毛が存在する時間が短くなります。
つまり、髪の毛が減りハゲてしまうのです。
このように髪の毛の成長期を短くし髪の毛を減らしてしまうDHTは脱毛ホルモンとも呼ばれています。

DHTを増やさないことがハゲ予防に繋がる

脱毛ホルモンと呼ばれるDHTは様々な要因で増加します。

  • 加齢
  • 食生活
  • 運動不足
  • 飲酒や喫煙
  • 遺伝
  •  

加齢や遺伝は、どうすることも出来ませんが、その他の要素を見直すことでDHTの増加を防ぎ、ハゲの進行を抑える事が出来ます。

後悔する前に行いたい6つのハゲ予防

DHTが増えることによりハゲてしまう事がわかって頂けたと思うので、6つのハゲ予防を紹介したいと思います。
10代、20代でハゲてしまっている人でも今日から実践することで、今後の髪の毛の維持に繋がりますよ!

髪の成長に繋がる食べ物を積極的に食べよう

色とりどりの食材の画像

あなたは普段どのような食生活を送っていますか?
ファストフードばかり食べていたり、野菜不足が続くと髪の毛を育てる為の栄養分が不足してしまい髪が弱ってしまいます。
弱った髪の毛(正しくは毛母細胞)はDHTの影響を強く受ける傾向にある為、食生活の乱れはハゲの原因になります。

※以下の項目に記載されている栄養素の平均摂取量、推奨量、耐容上限量は厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015 年版)を参考にしています。
open_in_new参考:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

髪の毛の材料となるタンパク質を摂取しよう

髪の毛はアミノ酸から作られるタンパク質「ケラチン」によって形成されています。
髪の毛が育つために必要なタンパク質の量が足りていないと、細く弱い髪の毛しか生えてこないのです。

日本人男性の1日のタンパク質の推奨摂取量は60gです。
推奨摂取量に届くようにタンパク質を摂取するように食生活を改善させましょう。

【タンパク質を多く含んだ食べ物】()の中は100mgあたりの含有量
  • きな粉(33.5g)
  • 鳥のササミ(23g)
  • ゆで卵(12.9g)
  • 納豆(16.5g)
  • しらす干し(40.5)

脂質が多い食べ物の摂取は、頭皮の皮脂増加に繋がり抜け毛の原因となる可能性がある為、タンパク質を多く含む食べ物の中でも、脂質が少ないものを厳選させて頂きました。

材料を髪の毛に変化させる大切なミネラル「亜鉛」を摂取しよう

摂取したタンパク質を髪の毛の主成分「ケラチン」に変換するためにはミネラル「亜鉛」が必要になります。
髪の毛の成長を円滑に行うために欠けてはいけない栄養素です。
日本の成人男性が1日に摂取している亜鉛の平均摂取量は8mgですが、1日10mgを目安に摂取することが薦められています。
ハゲ予防の為に亜鉛の摂取を検討している方は、推奨量よりも多めに亜鉛を摂取すると良いかもしれません。
※1日40~45mgが耐容上限量です。亜鉛の過剰摂取に注意して下さい。

【亜鉛を多く含んだ食べ物】()の中は100mgあたりの含有量
  • 生牡蠣(13.2mg)
  • 豚のレバー(6.9mg)
  • カニ缶(4.7mg)
  • はまぐりの佃煮(4.2mg)
  • しゃこ(3.3mg)

亜鉛はテストステロンをDHTへ変えてしまう5αリダクターゼの働きを抑制するので抜け毛予防に欠かせない大切なミネラルです。
食べ物からの摂取が難しいと思ったら、サプリで補給するもの良いですね。
(近場のドラッグストアで簡単に入手出来ます。)

栄養を届け、頭皮の健康を支えるビタミンを摂取しよう

ビタミンは、人間の健やかな成長と健康をサポートする働きのある栄養素です。
ビタミンEとビタミンB6は髪の成長に関わる働きを持っている為、不足してしまうとハゲの原因となる事があります。

ビタミンEは血行促進作用がある為、髪の毛が育つための栄養素を頭皮に送るために働いています。
ビタミンB6には細胞の代謝を促進する働きがある為、ハゲ予防に役立つビタミンとして知られています。

【ビタミンEを多く含んだ食べ物】()の中は100mgあたりの含有量
  • ヒマワリ油(64.9mg)
  • アーモンド(38.7mg)
  • とうがらし(29.8mg)
  • 小麦(28.3mg)
  • 抹茶(28.1mg)
1日のビタミンE推奨摂取量は成人男性で6.5mgです、 【ビタミンB6を多く含んだ食べ物】()の中は100mgあたりの含有量
  • にんにく(1.5mg)
  • 酒粕(0.94mg)
  • まぐろの赤み (0.85mg)
  • 鳥ひき肉(0.68mg)
  • いわし丸干(0.68)
1日のビタミンB6推奨摂取量は成人男性で1.4mgです。

睡眠時間をたっぷりと確保して髪の毛の成長を促そう

眠っている男性の画像

人間は眠っている間に、記憶の整理や体の修復、成長を行います。
成長と共に髪の毛も作られているので、睡眠時間は髪の毛の成長に大きく関わります。

髪の毛の土台である毛母細胞が成長ホルモンと栄養を受け取りやすい時間帯は22;00~2:00の4時間です。
成長ホルモンが分泌されやすい時間帯は夜中1:00~2:00です。
成長ホルモンは睡眠後30分程で分泌され始め、3時間後がピークです。

つまり、22:00に睡眠を始めると成長ホルモンと栄養素を毛母細胞がたっぷりと吸収してくれるので、髪の毛の理想的な成長に繋がります。

過度な飲酒と喫煙を避けて髪の毛が育ちやすい環境を作ろう

お酒とたばこの画像

あなたは普段お酒を飲まれますか?タバコは吸われますか?
実は、飲酒や喫煙は髪の毛の成長を妨げる要因となります。
すぐに断つことは難しいと思いますが、出来るだけ控えてみませんか?

アルコールは髪の毛の材料を減らし、栄養の吸収を阻害する

お酒に含まれるアルコールが肝臓で分解されることは知っている人が殆どですよね。
しかし、どういったエネルギーを使って分解しているかを知っている人は少ないと思います。

実は肝臓でアルコールを分解する際に、髪の毛を形成するアミノ酸の一種「システイン」、「メチオニン」がエネルギーとして使われているのです。
少量の飲酒ならまだしも、大量の飲酒をしてしまうと髪の毛を作るための材料が大量に減ってしまい髪の毛を育てられなくなってしまうのです。

また、アルコールを摂取すると利尿作用や肝臓の代謝阻害によりビタミンEや亜鉛を始めとする髪の毛が育つために必要な栄養素の吸収が阻害されてしまいます。
アルコールが髪の毛に悪いとわかってもお酒を飲むことが習慣になっている人は、禁酒が難しいと思うので少しずつお酒の量を減らしてみましょう。

ニコチンは自律神経を乱し、血管を縮め発毛の阻害に繋がる

タバコに含まれるニコチンには、自律神経を乱すことが研究によりわかっています。
自律神経の働きが乱れると、脳が興奮又は覚醒した状態になり、体中の汗腺、皮脂腺から汗と皮脂が分泌され、毛穴が詰まります。
頭皮の毛穴が詰まると、当然髪の毛は生えにくくなるため、発毛が阻害されます。

また、ニコチンには血管を収縮させる作用があるので毛母細胞へ十分な栄養素を贈ることが出来なくなります。
毛母細胞が栄養不足になってしまいハゲの原因となってしまいます。
タバコは大麻より強い依存性を持っている為、禁煙は禁煙外来などで行うことをオススメします。

運動不足を解消してハゲの原因を減らそう

走っている男性

ハゲと運動不足は関係が無いように思えますが、実は深い関係性を持っています。
まずは、運動不足によって体がどのように変化するのかを学びましょう。

  • 肥満体系になる
  • 血行が悪くなる
  • ストレスが溜まりやすい体になる

運動不足が続くと、↑で紹介したような変化が身体に現れます。
これらの変化は最終的にハゲの原因となる可能性があります。

【肥満体系になる】 運動不足で筋肉を動かす機会が減ると、脂肪がつき肥満体系になります。
しっかり運動をしている人と比べ、皮脂の分泌量が増えるので毛穴が詰まり発毛を阻害してしまいます。
肥満体系は心臓に負担をかけやすい為、血行不良の原因にもなります。

【血行が悪くなる】 筋肉を動かす機会が減ると心臓から送られる血液を頭皮まで届きにくくなり、髪の毛の土台である毛母細胞に充分な栄養を届けることが難しくなります。
また、血行不良は新陳代謝の低下に繋がり髪の毛が育ちにくくなります。

【ストレスが溜まりやすい体になる】 人間はストレスを感じると、ストレスホルモンを分泌し血管が収縮してしまいます。
ストレスは運動によって効率的に解消出来るのですが、運動不足になるとストレスホルモンの働きにより血管が収縮した状態が続いてしまいます。
頭皮へ十分に血液を送ることが出来なくなってしまい、ハゲの原因となります。

今日から実践できる簡単な運動法

髪の毛を守るためにも、運動不足は改善しなければいけません。
簡単な運動法を紹介させて頂くので、今すぐ実践して下さい。

【階段運動】 階段運動とは、階段のような段差の上り下りを繰り返す運動になります。
階段や箱、雑誌でも良いので段差を用意したら以下のポイントを意識しながら実践してみましょう。

  • 5分や10分など時間を決めて上り下りを行う
  • 腹筋を意識して上る
  • 慣れてきたら膝が90度になるまでしっかりと太腿を上げる
  • 1日2,3セットを目安に行う
階段運動

【フロントブリッジ】 フロントブリッジは体感トレーニングの一種です。
画像のように身体をまっすぐ伸ばし、肘で体を支えるだけの簡単なトレーニングですが、1,2分行うだけで体感の筋肉をたっぷりと使うことが出来ます。

1日に合計3分を目指して、1分を3セットほど実践してみましょう!

フロントブリッジ

頭皮のマッサージで血行を促進させて髪の毛を育てよう

指を使った頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血流を促進し髪の毛が成長しやすい環境を作ることが出来ます。
様々な頭皮のマッサージ法がありますが、中でも質が高いと思ったものを紹介させて頂きます。
動画を参考に、今日から頭皮マッサージを始めてみましょう。

正しいシャンプーで髪の毛が育ちやすい環境を作ろう

誤ったシャンプーの方法を実践すると、皮脂を減らしすぎたり乾燥させてしまったりと髪の成長を阻害してしまいます。
正しいシャンプーの方法を実践して、頭皮の環境を整えてあげましょう。

  • ブラッシング
  • 予洗い
  • シャンプー
  • すすぎ
  • コンディショナー
  • ドライ

【ブラッシング】 男性女性関係なく、入浴前にはブラッシングを行いましょう。
ブラッシングでフケや大きな汚れを落とすことが出来ます。
シャンプーの泡立ちにも繋がります。

【予洗い】 シャンプーを行う前に、たっぷりのお湯で予洗いを行います。
頭皮を指の腹で洗うことで、髪の毛の汚れを8割落とすことが出来ます。
お湯の温度は38度前後にすると、頭皮に優しいですよ!

【シャンプー】 シャンプーを泡立ててから髪の毛に揉みこみます。
髪の毛の長さ、毛量によってシャンプーの量を変えましょう。
髪全体にシャンプーを揉みこんだ後には、頭皮をマッサージするように洗いましょう。
ガシガシと乱暴に洗わないように注意して下さい

【すすぎ】 洗い残しが無いように、たっぷりのお湯ですすぎをします。
シャンプー成分が残っていると、かぶれや毛穴の詰まりの原因になってしまいます。
最低でも3分すすぎを行って下さい。

【ドライ】 ドライヤーを使って髪の毛を乾かします。
しっかりと乾かさないと、湿った頭皮や髪の毛に雑菌が繁殖してしまいます。

医薬品を使って髪の毛を維持、増毛してみませんか?

ハゲを予防する為の方法をたくさん紹介させて頂きましたが、より効果的なハゲ予防を希望する方には医薬品をオススメします。
本来、AGA治療に使われる医薬品は病院を受診して処方して貰う必要がありますが、病院に行く手間を惜しむ人や、恥ずかしさから受診しにくいと感じている人も多いと思います。

実は、個人輸入サイトを利用することでハゲ予防に役立つ医薬品を購入出来るのです。
既に病院を受診されている人や、どうしても病院に行きたくない人は個人輸入サイトでハゲ予防に役立つ医薬品を購入してみると良いかもしれませんね。

全国郵便局留め対応、送料・手数料無料、処方箋不要、安心梱包
カテゴリを選択
特集一覧
本日の為替レート113.40円(1US$)